中川龍のブログ

Tarot & Hint



売れない占い師あるある「やたら占術を広げようとする」「やたら資格を取得する」

スポンサードリンク

f:id:noabooon:20170610125658j:plain

 

先日、ある方から「占いの個人指導」のお仕事をもらったんです。

そのとき、その方のホームページを見せてもらいました

一目見て、「売れない占い師のオーラが出てる!」と思いました。

 

なぜか?

それはその人のプロフィールページが、こんな感じだったからです。

 

占える占術

・西洋占星術

・タロット

・数秘術

・水晶ダウジング

・手相

・四柱推命

 

持っている資格

日本なんたら心理協会認定

メンタル心理カウンセラー資格 取得済

上級心理カウンセラー資格 取得済

行動心理士資格 取得済

プロフェッショナルコーチ資格 取得済

 

これは、「典型的な売れない占い師にありがちなプロフィール」です。

ちょっと厳しい言い方になっちゃうんだけど、

あまり売れてない占い師さんって、みーーーーーんな同じような行動をとる傾向があるんです。

 

それは

「無駄に占術を広げようとする」

「無駄に資格を取得する」

っという二つ。

 

勉強すること自体が悪いわけではない

ただし誤解がないようにはじめに言っておくと、別に勉強しまくること自体が悪いわけじゃないのね。

むしろ勉強そのものは、とても良いこと。

 

いろんな占いができるほうが、対応できることも増えるだろうし、発想も広がるでしょう。

心理系の勉強もしてたほうが、より現実的な助言がしやすくて役立つこともあるでしょう。

 

こんなふうに、「広げるために学ぶ」のは、とても素晴らしいことです。

そういうのはどんどんやったほうがいい。

だから僕も年間で100冊以上の本を読んでいます。

 

しかし人によっては「広げるため」ではなくて、「補うため」に学んでいる人がいる。

自分に自信がないから、それを少しでも補うために、色んな勉強をしようみたいな感覚で物事をとらえている人。

これがいけない。

こういう人は、根本的なところを間違えています。

  

「資格を持ってるから占われたい」なんて思う?

根本的なところに立ち返ってほしいんだけど、あなたが「この占い師に占ってもらいたい」と判断する瞬間って、どういう時でしょうか?

それは、「たくさんの資格を持っていることを確認したとき」でしょうか?

あなたは占い師のプロフィールを見たときに、たくさんの資格が書いてあったら、「この占い師さんはこんなにたくさんの資格を持ってるなんてすごい!きゃー!占ってほしい!」って思うのでしょうか?

  

…うん、思わないよね?

たくさんの資格が書いてあったとしても、「ふーん、へー、そうなんやー」で終わりだよね😩

つまり資格ってその程度の価値しかないんですよ!!!!

 

さらに想像してみましょう!

あなたは逆に、どういう人だったら「この人に占われたい」って思いますか?

 

それはきっと、究極的には「その人が好きになれるかどうか」ではないでしょうか。

ホームページやブログ全体に滲んでいる「その人らしさ」を感じて、そしてそれが自分にとって「好きだ」と感じられたとき、初めて「この人と話をしてみたい」って衝動が湧き上がる。

それで、「占いの依頼を出してみようかな」ってアクションに繋がる。

そういうものじゃない?

 

だったらさ、なんであなたは「占術」や「資格」で、自分を語ろうとしているの?

なんで、「自分」を起点に、自分を語ろうとしないの?

 

価値とは自分の内側にしかない

こういう人は、

「価値とは自分の外側にあるものだ」

って考えていることが多い。

 

・自分の内面には、たいしたものは何もない。

・だから「新しい占術」だの「新しい資格」だの、「外側にある価値」を自分のなかに取り入れなければいけないと考える。

 

…その認識が、そもそもの間違いやねん!!!!

 

本当の価値は、あなたの外側には無いんだよ。

本当の価値は、あなたの内側にしかないんだよ。

 

どれだけ占術を学んでも、どれだけ資格をとっても、そんなの他人からしたらなんの価値にもならない。

あなたの自己満足が満たされるだけで、他人からは何も評価されない。

 

あなたが本当に他者から評価されたいのであれば、あなたの外側にある価値ではなく、あなたの内側にある価値を磨く必要があります。

それは具体的には、あなたが好きなものをとことん追求するでもいいし、あなたの世界観をとことん語り続けるでもいい。

とにかくあなたが心から表現したくて仕方がない何か。

そういうものを追求して、あなたの個性を打ち出さなければいけない。

そこからでなければ、あなたの本当の価値は、何も磨かれないんだ。

 

知識を増やすことは、個性の追求にはならない

「今の私はタロットしか使えないから、でもそれだとアピールとして弱いから、他の占い師さんと差別化するために、最近は四柱推命も勉強し始めたんですよー✨」

みたいなことを言ってる人で、成功した人を僕は1人も見たことがありません。

なぜか。

簡単です。

同じようなことを考えている人間は、世の中に腐るほどいるからです。

 

だって実際のところ、「タロットと四柱推命ができる占い師」なんて、世の中にいくらでもいるじゃない?

じゃあそこにさらに手相も加えてみる?

うん、それでも同じような人はいくらでもいるよね!!!!!

結局、こんなふうに「外側の知識」に頼ろうとしている限り、永遠に「その他大勢」から抜け出すことはできないのです。

  

占術は一つでもやっていける。「自分しかできないこと」をしていれば。 

ちなみに僕は占星術もざっくりわかるし、手相や四柱推命も軽く勉強したことはあります。

でもそれをこのブログでは、とくにアピールしていません。

仕事として引き受けているのは、あくまでも「タロット占いだけ」です。

 

それでも僕はやれています。

 

なぜか。

それは僕のタロットセッションは、僕のところでしか受けることができないからです。

世の中にタロット占い師なんてのは腐るほどいる。

でも僕のようなやり方で、僕のようなタロットの読み方をする人間は、他に存在しません。

だから僕はやっていけています。

 

ではどうして僕がそういう「個性」を生み出すことができたか。

それはやっぱり、「自分の内面にある価値」を磨いてきたからとしかいえない。

だから勉強をするときも、「自分を補うために知識を入れよう」ではなく、「自分の可能性をさらに広げるために知識を入れよう」と考えてしてきたので、同じ勉強をしてても、得られる情報がもうぜんぜん違うんですよ。

 

資格は法的に必要な国家資格以外は不要。

それから僕は心理学の勉強をしたことはあるけれども、とくに大学院を出ているわけではないので、臨床心理士の資格なんかは持っていません。

それから民間のカウンセラーの資格も一切持っていません。

カウンセラーの民間資格なんて、「あんなのは自分に自信がない人に偽りの自信を与えるために作られてる典型的な資格商法でしょ」と思ったので、それをとる必要性を感じませんでした。

僕が持ってる資格なんて、せいぜい普通二輪免許くらいです。

(それもとってから一度も乗ってないペーパーゴールド!笑)

 

でも、僕はやれています。

なぜか。

僕は資格は何ももっていませんが、そのような資格を持っている人々と同等か、それ以上のセッションを提供することができるし、またそのことをアピールしているからです。

 

これが例えば医者だったら、さすがに資格をもってないと違法になってしまうのでとったほうがいいでしょう。

あるいはタクシー運転手になりたいなら、当然、運転免許が必要ですね。

でもこんなふうに法的に明確に規定されている資格でないものに関しては、無理にとらなくていいです。

必要ありません。

そんなものあったところで大した足しにはならないし、なかったとしても自分の内側を磨いていれば何も問題ないです。

 

自分の価値に気づくヒント (ディスカヴァー携書)

自分の価値に気づくヒント (ディスカヴァー携書)

  • 作者: ジェリー・ミンチントン
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2016/08/10
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

以上とくにオチはないのですが、本当に占いでやっていけるようになりたいなら「やたらと占術を広げる」「やたら資格を取得する」のは、やめたほうがいいよー!って思ったので書いてみた記事でした!

ただし最初にも書いたけど、自分を補うために学ぶのがよくないだけで、自分を広げるために学ぶのは全然ありなので、そこは間違えないようにね!

 

おしまいー!