中川龍のブログ

Tarot & Hint



タロット占いの練習方法

スポンサードリンク

f:id:noabooon:20170405144510j:plain

 

最近、自分でタロット教室を開くようになって、色んな「タロット勉強中の人達」を見てて気付いたことがあります!

どうやら「タロットがなかなか成長できない人」って、そもそも練習の仕方がわかってないことが多いっぽい!

そこで今回は、タロット占いの練習方法について書いてみます!

  

といっても、やることは簡単で

「ひたすら実践し、改善し、自分にとってしっくりくる形を探す」

それだけです!

 

タロット占いのおすすめ練習方法

僕がタロット占いを始めたばかりの頃にやってた練習方法は、すごく単純です。

 

  • まずタロットの本を買ってざっくり理解する。
  • 次にそれをもとに、さっそく他人を占う。インターネット上で被験者を募集して、占いまくる。
  • すると最初は初心者なので、うまくできないことがある。カードの意味は本を読めばわかるけど相談内容に照らし合わせて考えることができなくて強引な解釈をしてしまったり、相談者の悩み解決まで繋げることができなくてモヤモヤした終了になってしまったり、まぁ一言でいうと「失敗」することがある。
  • そこで次こそは同じ失敗をしないためには、どうしたらいいかを考える。
  • キーワードが相談内容に繋げられなかったのであれば、別のタロット本を読んで、新しい解釈の仕方を探す。スプレッドがそもそも自分には適していなかったのであれば、やはり本を読んで新しいスプレッドを探す。そして、こういう解釈だったらしっくりくる伝え方ができるかもしれない、こういうスプレッドだったらしっくりくる占いができるかもしれないってのを想像して、試行錯誤しまくる。
  • その試行錯誤をもとに、また実践する。
  • それでもまだ失敗するようなら、さらに勉強する。

 

基本的にはこれを繰り返しただけです。

そんな日々を1年くらい過ごしたら、今のようにスラスラとリーディングができるようになりました。

僕がやったことは、本当にただこれだけなので、とくに難しいことや特別なことは何もしていません!

 

タロット占いは正解がない占いなので、どうすれば成長できるかは自分の内側にしかない。

基本的にタロットって、「正解がない占い」です。

カードの意味は大まかに決まっていたとしても、それをどのように解釈するかは占者のセンス次第ですし、どういうスプレッドで占うかも占者の自由です。

だからこれを「上手にできる」という状態にするためには、とにかく実際にばんばんやってみて、自分はどういうやり方だとピンとくるのか・こないのかをリストアップして、ピンとこない部分を「ピンとくる」にするためにはどんな方法があるかを考えるしかありません。

そして、自分の知識だけでは答えが出ないようなら、本を読んだり勉強会に参加したりして新しい知識を学ぶ。

それをもとにまた実践する。

それを繰り返す。

いわゆる「PDCAを回せ」ってやつですね笑

 

しっくりくるものを集め続けよう

「ひたすら実践し、改善し、また実践しろー!」なんて言い方をしちゃうと、やや難しそうに聞こえちゃうかもしれません。

でもこれは言い方をすこし変えると

「自分にとってしっくりくるものを集め続ければいい」

ってことでもあります。

 

難しく考えなくていいから、とにかく実際にやってみて、しっくりこなければ捨てる。

しっくりくるものだけを、拾い続ける。

それを繰り返すだけでいい。 

こういう言い方だったら、いくらか楽な気がしませんか?笑

というわけで、みんなそれぞれに「しっくりくるもの」を集め続けましょう!

 

実践するときは、なるべく「赤の他人」を占うほうがいい。

ちなみに、実践するときは「自分占い」はやめたほうがいいです。

もしあなたが「いつかプロになりたい」と考えているなら、「友達占い」すらもやめたほうがいい。

なるべく、「見ず知らずの他人」を占ったほうがいいです。

なぜなら、これらは同じタロット占いではあるものの、その質が根本的に異なるからです。

  

自分占いなんて、しょせんは失敗しても何も損することがありません。

友達占いだって、失敗しても笑い話になるだけです。

赤の他人を占ったとき、初めて、人は心が「本気」になることができます。

 

他人となると、変なことを言ったら怒らせちゃうかもしれません。

悲しませちゃうかもしれません。

他人占いにはそういう緊張感があります。

 

またせっかく依頼をくださった方なわけですから、何かしらの「役に立ってあげたい」という思いも、湧きあがりやすいでしょう。

これが大事なんです!

この、「本気にならざるをえない環境で占った経験」が、確実にあなたの成長を後押しします。

 

想像してみてほしいんですが、こういう本気にならざるを得ない状況のタロット占いを100回繰り返した人と、ひたすら自分占いを100回続けただけの人だったら、どちらのほうが成長度が早いと思います?

そういうことです!

 

たまに、「一年くらいずっと自分占いだけしてました」みたいな方がいますが、こういう人はどんどん他人を占いましょう!

「もう少し成長してから」なんて言ってる間に、寿命がきてしまいます!

 

もしお客様にご迷惑をおかけしてしまうことが嫌なら、あらかじめ「私はまだ初心者の練習なのでそんなに期待はしないでね!」って説明すればいいです。

そうすれば向こうもそのつもりで受けてくださいます。

失敗して傷つくことを恐れている限り永遠に成長はこないので、どんどん勇気出していきましょう!

 

「他人占いをしようにも、相手がいない」って人は?

こういう方は、路上占いでもやってみるか、バーやクラブなんかで知り合った人相手に話のネタにやってみるのも面白いかもしれませんね。

あるいはインターネットを活用するのもありです。

ブログやホームページを作ってそこで最初は無料占いでも募集してみれば、そのうち何人かは来てくれるようになります。

あるいはココナラ みたいな個人間取引ができるサイトで無料占いを募集すれば、どんだけ初心者でも、わりとさくっと依頼人は見つかるものなので、ぜひ試してみてください! 

 

かんたんタロット: はじめてでもすぐ占える

かんたんタロット: はじめてでもすぐ占える

 

 

以上、タロット占いの練習方法でしたー!

おしまい✨