タロット占いの歴史をまとめてみた😊

こんにちわ!

渋谷のタロット占い屋、中川龍です。

今日は「タロット占いの歴史」について解説してみます😊

 

 

タロット占いの歴史  

起源

現代人がタロットといえばイメージするのはウェイト版タロットですが、これができるのは1900年代に入ってからで、一番最初のタロットはマルセイユ版タロットでした。

 

f:id:noabooon:20170925183317j:plain

 

マルセイユ版タロットでは

  • 小アルカナは剣・杖・盃・金貨などの記号が描かれているだけでした。
  • 「力」は11番で、「正義」が8番になっており、我々が知っているタロットとは順番が逆になっていました。
  • 恋人たちのカードは、二人の女性が男性を奪い合っている構図でした。
  • 魔術師は、奇術師でした。

 

なお、マルセイユ版タロットの起源は不明です。

諸説ありますがどれも憶測の域を超えておらず、確定的な回答は未だに出ていません。

このカードがどこからやってきたのかは、誰も知りません。わかりません。

タロットは、ある日気づけばこの世界に存在していた、そういう不思議なカードセットなのです。 

  

 

〜1700年代くらいまで

この頃のタロットは、ゲームや賭博に使われる遊び道具の一つでした。

簡単にできる賭博といえば、「サイコロ・トランプ・タロット」みたいな感じに認知されている存在でした。

 

1700年〜

このころ、クール・ド・ジェブランさんという歴史言語学者の方が、たまたま知り合いの家で、人生で初めてマルセイユ版タロットを見て、「これはエジプト起源の古代神官の叡智を詰め込んだものだ!」と直感し、そのことを発表しました。

これだけだとちょっと何言ってるかわかんないかもしれませんが、日本でも何年か前に「学校の怪談ブーム」みたいなのが起きましたが、あれと同じノリで当時のパリはエジプトブームだったようで、とりあえずファラオ!ハムナプトラ!って言っておけばものが売れやすい土壌があったようです。

ジェブランさんも、なんかその流れで連想しちゃったみたいです。

なにはともあれ、この発表を機に、初めてタロットは「オカルト」と結びつきました。

 

この流れで、歴史上初のタロット占い師「エテイヤ(本名ジャン・バプティスト・アリエット)」が出現します。

1783年、エテイヤは「タロットと呼ばれるカードによって楽しむ方法」という本を出版し、ここからタロット占いが流行していきます。

エテイヤは、もともとトランプ占いをやっていた人だったようで、そちらのやり方である「全てのカードにはキーワードがある」「それがどのポジションに出たかで吉凶を占う」「正位置と逆位置で意味が変わる」というやり方を、そのままタロットにも応用し、タロット占いのやり方を自作しました。

 

その後彼は、1789年にはエジプト神秘主義を採り入れ、順番を入れ替えたり現在の小アルカナに22~77の番号を振ったりするなど独自の修正を施したエテイヤタロットを製作。

このタロットはパリで人気になり、一時的にタロット=エテイヤタロットのことと認知されるまでになりました。

ただし、エテイヤは「オリジナルのタロットはエジプトで黄金の板に刻まれていたのだ」など、かなりトンデモな説をとなえていることが多く、現代では彼の著書は「あまり信憑性がない」と判断されていることが多いようです。

 

1800年代、前半〜

その後、いろんな魔術師さんや研究家が、「タロットはカバラと結びついてるんじゃ」「いやいや占星術と類似性が、、、」とか色んな説を唱えていきました。

でもこれらは、みんなけっこう適当に言いたい放題言ってるだけなところも強く、どれが真実かは藪の中です。

はっきりしていることは、歴史上のこういう流れの中で、タロットは「賭博道具」から「オカルト」に属するものとして認知されるようになっていったということです。

 

1800年代、後半〜

この頃、アメリカの魔術結社ゴールデンドーン(黄金の夜明け団)が、より魔術的なタロットを構築していました。

彼らは大アルカナ22枚を、ヘブライ文字22文字に対応させたり、カバラにおけるセフィロトの樹の22小径に関連づけるなど、独自のタロット占術を考案していました。

しかし彼らのタロット占術は門外不出で、入団して昇進した者にのみ伝えられるまさに「秘儀」として扱われていました。

 

1909年「777の書」「ウェイト版タロット」「タロット図解」が発売

1901年、メンバー間の対立やスキャンダルによって「黄金の夜明け団」が崩壊します。

その後1909年、元団員の「魔術師」アレイスター・クロウリーが自著『777の書』にてその秘儀を公開しました。

これによってごく限られた人間しか知ることのできなかったゴールデンドーン型のタロット占いが、一般人でも知ることができるようになりました。

 

 

それに呼応するように、同じく1909年、同じく元団員のアーサーエドワードウェイトが、オリジナルタロットカードのウェイト版タロットと、その解説書であるタロット図解を発売します。

(この本は再販後は、タロット公式テキストブックスに名前を変えています)

 

それまでのマルセイユ版タロットは、小アルカナは無機質な記号のようなデザインだったのですが、ウェイト版タロットは小アルカナも全てがちゃんと寓話的な絵になり、その絵の美しさから、とても人気が出ました。 

現代では、「タロットといえばこのウェイト版タロットのこと」を示すくらいに、このデッキは普及しました。

 

ちなみに、ウェイトは「一般人向けに書いた解説書」と「黄金の夜明け団の仲間向けに書いた文書」で違うことを書いています。

前者では逆位置が採用されていますが、後者では逆位置が採用されていません。

この矛盾はなぜか。

考えられる可能性の一つは、昔のこういった組織では、団内の教義を守るために一般人向けには嘘の情報を流すのがよくある手法だったので、これもそういう嘘の一つだった可能性があります。

あとは、この当時エテイヤの影響で「逆位置を採用するやり方」が流行していたので、一般人向けの解説書ではそのほうが受けるだろうという市場判断があった可能性もあります。 

実際、ウェイトは「学者としての自分」と、「占いコラムニストとしての自分」を完全に切り分けて考えていたらしく、「誰を対象とした文章なのか?」によって、しばしば矛盾した内容を書いていたことが知られています。

 

学者としてのウェイトは、古代エジプトなどにタロットの起源を求める説を明確に否定し、慎重な立場をとっている。

しかし、学者ウェイトにはもうひとつの顔があった。

それは俗っぽい占い本を書く、今でいう占いライターとしての顔である。 

一八八九年には、グラント・オリエントという筆名で『タロット、占い、そしてオカルト神託の手引き』という本を書き、その改訂版(一九〇九年、つまりウェイト゠スミス版が出たのと同じ年)では、ちゃっかりエジプト起源とするタロット=トートの書説を展開しているのである。

この本は、おみくじのような雑占いの寄せ集めで、花占いなども入っており、雑誌などで占いを書く僕からすると、とても親しみやすいものではある。

 by「タロットの秘密」より

 

なお、ウェイトはしばしば「本来のタロットは占いに使うものではない」とも発言していたそうです。

 

 

  

1944年「トートの書、刊行」

1944年には、前述のアレイスター・クロウリーが「トートの書」という本を発表しました。

このなかでゴールデンドーンのタロット術式を原型に、そこに自身の「セレマ神秘主義思想」を取り入れた独自の「タロット占い」をデザインし、解説しました。

これがのちの「トートタロット」です。

ただ、トートタロットが実際にカード化されるのはこの30年後です。

この時点ではまだ、トートの書の最後のほうに「おまけの挿絵」としてのっているだけでした。

 

 

1969年「トートタロット発売」

トートの書のおまけについていたトートタロットが、ここでついにカード化されます。

 

 

1970年「タロット完全ガイド、刊行」

ここでのちに「タロット占い師の母」と呼ばれたイーデン・グレイさんが登場します。

彼女は1970年に「タロットの完全ガイド」という本を書きました。

 

これまでのタロットは、難しい魔術用語や宗教用語を知らないと理解できない「ちょっと難しいもの」として認知されていたんですが、イーデンの「タロット完全ガイド」は

・タロットにはこんな歴史があるんだよー✨

・各カードにはこんな意味があるよー✨

・占うときはこういう風にカードを並べるんだよー✨

というシンプルな内容でまとまっており、これによって一気に「一般」にもタロットが普及しました。

 

イーデンの書いている「タロットの歴史」は、やや空想的にまとめられている部分も多いようで、決して信ぴょう性は高くなかったようです。

しかし彼女の著書はとにかく「わかりやすい」という点においては、これまでにない画期的な本でした。

そのため現代で販売されているタロット解説書の多くも、だいたいこのイーデンさんの構成を真似た形になりました。

その後、イーデンさんは啓示タロット・皆伝タロット・自在タロットなどの続編を出版し、大成功しました。

 

 

以上でタロットの歴史は終わりです。

「え、これでもう終わり?」と思った方もいるかもしれませんが、終わりです。笑

かなり駆け足でざっくりまとめたせいもありますが、タロットってこれくらい「まだまだ歴史が浅い占い」なのです!

この歴史の中に、ぜひとも「あなたのタロット占い」を加えていきましょう!

 

参考書籍

歴史についてもう少し詳しく理解したい方は、以下の書籍がおすすめなので読んでみてください!

 

タロットの秘密

占星術研究家の鏡リュウジさんの著書です。

とにかくシンプルで、わかりやすいので、ひとまずの取っ掛かりとして最高の教本です!

 

タロット大全

こちらはもう少し本格的にタロットを学びたい人向けです。

とにかく分厚く、情報量が豊富です。

「大全」の名にふさわしく、これまでの日本のタロットに関する本をすべて足しても、この本の情報量にはかないません。

お値段はちょっと高めですが、何冊も他のタロットの本を買うことを考えたら、むしろ安いぐらいです!

より本格的にタロットの歴史を学びたい人は、ぜひ読んでみましょう!