インターネットで集客し、占いで独立する方法!!

スポンサードリンク

f:id:noabooon:20170626223955j:plain

 

 

最近

「私も組織に所属せず、個人占い師として独立してやっていきたいです!」

って相談を受けることが多いので、今回はその方法についてまとめてみます😊 

 

 

個人がインターネットを使って集客する方法

基本的に個人が独立してやっていくための方法は、一つしかありません。

それは、「何らかの方法によって自力で集客基盤を作ること」です。

 

占いに限らずなんでもそうですが、どんなに優れた商品でも「ユーザーに知られる」という段階を踏まなければ、売れません、当たり前です。

というわけで、まずは自分という商品を知ってもらうための集客基盤を作らなければいけません。

 

一昔前までは、こういう基盤を作るには、テレビ・新聞・ラジオなどの宣伝広告を使うしかありませんでした。

しかし現代はインターネットが発達したので、それらに代替するものを、個人が自力で作ることができるようになりました✨

 

どうすれば自力で集客基盤を作る?

僕がやったことは、いたってシンプルです。

 

・まずブログを作ります。

・自分のブログ内に「ゴールページ」を作ります。

・あとは「そのゴールページに至る導線」を作りまくって…

・アクセス解析を使って効果測定して、仮説を立てて…

・その仮説をもとに、さらに導線を作りまくって…

 

これを繰り返しただけ!

そんだけ!

 

1ゴールを作る

僕のブログには「タロット占いの依頼を受付するページ」があります。

ここが僕のゴールページです。

 

僕がブログを運営している目的は、訪問者にこのページを見てもらい、そして依頼のメールを送ってもらうことです。

もちろんそれだけが目的で書いているわけではないですし、時には全然関係ない記事を書いて脱線することもバンバンありますが、、笑

でもまぁ根本的には、僕のブログ運営の目的は「訪問者をこのゴールページに誘導すること」だと言えます。

 

こうして文字にすると、「ごく当たり前のこと」を書いているように聞こえるかもしれません。

でもこの「当たり前のこと」を理解していない人がとても多いです。

 

僕がこのブログを運営する目的は、あくまでもユーザーをゴールに送客するためです。

となれば、自ずと書く内容も定まってきます。

「ユーザーがゴールに行きたくなりそうな記事」を書けばいい。

 

そういう観点で考えたとき、「今日はこんなパフェ食べましたー✨おいしかったー✨」みたいな記事は、役に立つでしょうか?

立ちませんね。

それよりも、「私の占いに対する考え方」みたいな記事を書いたり、あるいは実際のタロット鑑定例を出したり、そういう方が効果的だと考えられるでしょう。

 

多くの「占いで独立したい人」が、なかなか効果が出なくて挫折してしまう原因は、このゴール設定が曖昧になっているからです。

自分が何のためにブログを書いているのか。

そこがぼんやりしている。

だから、最終的なゴールに結びつき辛いであろう記事を書いてしまう。

だから成果が出ない。

それで諦めてしまう。

とてももったいないことです。 

というわけで、これからブログで集客したい人は、「自分のゴールページ」を明確に意識して書くようにしましょう! 

 

2導線を作る

次に、ゴールページだけ作っても、そこに人が来なければ意味がないので、その導線を考えます。

そのための方法は、大きく二つあります。

 

・Google検索で上位表示を狙う記事を書く

・Twitterや読者登録ボタンなどで人と繋がり、その人たちに向けて記事を書く。

 

前者に関しては、SEOを理解する必要がありますが、ようするに以下のような導線を作れってことです。

  • これから占いを受けたそうな人が、Google検索しそうなワードを考える。(例:「元彼」「復縁」「したい」とか)
  • その検索キーワードで1位表示することを狙って記事を書く。
  • すると、日本全国の「元彼」「復縁」「したい」でGoogle検索かけた人に自分のサイトが表示されるようになる。
  • そのページの最後に、「占い依頼を受けたい人はここをクリックしてね」みたいなリンクを張る。 

ようするに、インターネット検索をスタートとして、自分の占い依頼受付ページをゴールとした導線を作るわけです。

 

次に後者に関して。

こちらは、「とにかくまずは人と繋がること」が重要です。

例えば、Twitter・Facebook・インスタなんかで、占いが好きそうな人をどんどんフォローしまくります。

あるいはあなたがアメーバブロガーなら、同じようにアメーバブログ書いてる人の中で占いが好きそうな人んところいって、そこで読者登録を送ってみてください。

するとほとんどの人はスルーかもしれませんが、そのうちの何人かは、あなたに読者登録を返してくれます。

これを繰り返していけば、少しずつあなたの読者が増えていきます。

 

もしあなたがはてなブロガーなら、同じようにはてなブログ書いてる人のなかで占い好きそうな人のところいってどんどん読者登録しまくるのがありでしょう。

ワードプレスブロガーはそういう機能ないので、最初に紹介したTwitterでがんばりましょう!

こんな感じで、まずはばんばん人と繋がる。 

そうやって繋がりを作れば作るほど、あなたが新しい記事を書いたときに、その記事を見てもらえる可能性が高まります。

 

ある程度それが増えてきたら、あなたが抱えている読者のなかの、誰か1人を想定して、その人が占いの依頼を出したくなっちゃうような何かを書きます。

すると、もし偶然にも、その人がその記事を呼んでくれたら、その人は心動かされて、ゴールページまで進んでくれるかもしれません。

あるいはまったく同じような状況にあった別の誰かが触発されて、そう動くかもしれません。

これを繰り返します。

 

 

WEB集客の基本は、こうやってひたすら「導線を作る作業」の繰り返しです。

 

この二つに関しては、どちらのほうがいいかとか無いので、どちらでもできそうなところから、やればいいです。

そのうちやってれば両方できるようになったりもしますし、やれるところからやりましょう。

 

3効果を測定する

web集客の基本は、上記で説明したように「ゴールを作って」「導線を作る」の繰り返しです。

次にそうやって作った導線の効果を検証しましょう。

これはGoogleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを使うといいです。

 

アクセス解析ツールを使って、

・各記事を読んだ人の何%が、ゴールページまで進んでくれただろうか?

・さらにゴールページに進んだ人の何パーセントが、実際に占いの依頼をくれるところまで進んだだろうか?

ってのを調べます。

 

すると例えば

「そもそもブログ記事を読んでる人のほとんどが、ゴールページまで進んでくれてない」

ってことがわかるかもしれません。

 

この場合は、記事の書く内容を見直す必要があります。

例えば、「今日は〇〇でパフェ食べてきた、おいしかったー」みたいな日記的な記事と、「私の占いに対する考え方」みたいな記事だったら、どちらのほうがゴールまで進んでもらえる率が高いでしょうか?

明らかに後者ですよね。

パフェの感想なんて書いても、とくに「この人に会いたい」と思わせることはできないでしょう。

そこでしばらくは日記的な記事は控えて、もっと自分のサービスについて説明するような記事を書くようにしようなど、戦略が立てられます。

 

あるいは逆に

「ゴールまで進んでる人はたくさんいるけど、そこで止まってる人が多い」

って場合もあるかもしれません。

この場合は、ゴールページへの送客そのものは成功しているものの、ゴールページでのサービスの説明の仕方に問題があるということになるので、そこを改良する必要があります。

 

・ゴールページに「お客様の声」みたいなのは入れてるか?

・価格設定は適切か?

・占いの依頼を出すときの「記入してほしい項目」みたいなやつが多すぎないか?

いろんな要素が考えられるので一概には言えませんが、とにかく「もっとゴールページで取りこぼしを起こさない工夫をすればいい」ってことがわかりますね。

 

こんなふうに、「ユーザーがどこで離脱しているのか」を明確にし、それをもとにブログ運営の戦略をたてていくわけです。

 

多くの人がブログ集客に失敗し、途中であきらめてしまう原因2は、この「効果測定」が曖昧になっているからです。

そもそも自分のゴールはどこなのか。

そのゴールに行きつかなくなっている原因は何なのか。

それらをしっかりと調べ、対策を立てる。

これを繰り返していけば、どんな人でも絶対にいつかは集客できるようになります。

 

ところがほとんどの人は、これをきちんとやりません。

だから「集客ができない」といっても、どういう理由から今の自分が集客できていないのかが判断できません。

だから、どうしたらいいかわからない。

それで心が折れてしまい、諦めてしまうわけです。

  

たまには脱線してもいい

ここからは少し余談です。

ネット集客の基本は導線作りだと書きましたが、とはいえいつもそのことばっかり考えてたら息苦しくなって、そもそもブログ運営が楽しくなくなってしまうかもしれません。

そこで、たまには脱線しましょう。笑

 

僕のブログではたまに「食レポ」だの「ガジェットレポート」だの、占いと全く関係ないことを書くことがあります。

これらは占いの依頼そのものには直接的には結びつきませんが、「僕のモチベーション継続」には役立ちます。

また見方を変えれば「僕のキャラクター作り」にも役立っているかもしれません。

だから、ありっちゃありなのです。

もちろん、こういう脱線した記事がメインになってしまったらダメですけどね笑

でもそうでない範囲であれば、気にせず脱線しましょう。

 

アクセス数はそれほど多くなくても大丈夫。

ちなみに、僕のブログは実はけっこうアクセス数が少ないです。

月にたったの10万PVくらいです。

 

これは、「ブログを始めたばっかりの人」からすれば、そこそこ多く見えるかもしれません。

でも世の中のプロブロガー達に比べれば圧倒的に少ないです。

世の中のトップクラスブロガー達は、100万PV・200万PVとか、そういうレベルです。

それに対して僕は、たったの10万PV。

10倍以上の差があるので、この数字だけ見ればまったく相手になっていません。

それでも僕は、このブログ一本で生活していくことができています。

おそらく収益的には、100万PVブロガーと同等くらいは出すことができています。

 

正直行ってWEBコンテンツ業界はすでにけっこう飽和状態なので、今から100万PVのブログを作ろうとしたら結構大変です。

でも、10万PVのブログなら、誰でも続けていけば簡単に作れます。

これくらいの目標値なら、毎日継続してブログを書き続けていれば、達成できないほうが難しいだろってレベルです。

僕なんかここに至るまでに1000記事もかかりましたが、これはとても非効率的な例です。

有能な人はこの半分以下の記事数で、これくらいのPVはさくっと達成してしまうものです。

というわけで、今からブログを始める人でもビビる必要はまったくないので、自信をもってどんどんブログ書いちゃってください。

まだまだあなたにもチャンスあるよ!

 

情報発信力をつければ、自由になれる

僕はタロット占い屋をしていますが、既存の占い産業のことをdisる発言もけっこう多いです。

占い依存を生み出す温床になっている電話占い業界なんかには否定的な立場ですし、怪しいツボを売ったりしてる霊感商法系の人達なんてもってのほかです。

 

でも僕がこんなふうに自由に発言できるのも、僕が組織に所属せず、一人でやっているからです。

もし僕にこの情報発信力がなかったなら、自力で集客することができないので、どこかの組織に所属しなければいけなくなり、すると今のようなポジションはとれなかったはずです。

 

 

それから自力で集客できるようになると、

「お客様との距離感が近い」

というメリットもあります。

 

 

というわけで、みんなもどんどん「情報発信力」をつけちゃってください✨

そうすれば、あなたが本当に描きたい純粋な占いをすることができるはずです。

 

これからインターネット集客を学びたい人におすすめの本

最後に。

webマーケティングに関して、もう少し詳しくしっかり勉強したい方におすすめの本をご紹介します。

こちらです。

 

沈黙のWebライティング ?Webマーケッター ボーンの激闘?

沈黙のWebライティング ?Webマーケッター ボーンの激闘?

 
沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

 

 

定番です。

有名です。

ネットに弱い個人商店がどんどんネットで集客できるようになっていく様子を、物語風に説明してくれている書籍です。

PCが39.9kgあったり、発熱して爆発しそうになったり、しょうもないアホな設定が多いので、漫画を読んでるみたいな気分で笑いながら読めます。笑

 

須原にある温泉旅館「みやび屋」。

若女将である宮本サツキが切り盛りしているが、Web集客が振るわず、経営の危機を迎えていた。

やがて、みやび屋にひとりの男が来訪する。

男の名は「ボーン・片桐」。

重さ39.9kgのノートPCを操る謎の男の目的とは一体……!?

いま、みやび屋のWebライティングを巡る激闘が始まる!

 by沈黙のwebライティング「あらすじ」より

 

マーケティングに関する本は世の中にいろいろ出ていますが、このギャグみたいな本が、なんだかんだで一番クオリティが高かったです。笑

個人商店の再生物語というテーマは、個人占い師にとっても応用しやすい物語になっているので、ぜひ読んでみてください✨

おしまい!