中川龍のブログ

Tarot & Hint



7/8もタロット教室してきました!「タロットで連想するコツは?」「人生経験がないとリーディングできない?」

スポンサードリンク

f:id:noabooon:20170708140611j:plain

 

7/8もタロット教室してきましたー!

ふふふ、今回もみんなのいいところ、たくさん見つけてきちゃったぞ🐻

 

「クロスリーディングが苦手なAさん」

参加者の一人、Aさんは「カードをたくさん展開して複合的なリーディングするのが難しい」とおっしゃられていました。

だからこう返しました。

「問題認識がちょっとそれだとおおざっぱかも?🐻」

「一言に『複合リーディングが苦手』といっても、どんなカードが出たときでも常に100%読めないということはないはずです」

「どういう質問のときに、どこのポジションに、どういうカードが出たとき、うまく読めないのか?逆に読めるときはどういうときなのか?を明確にしてみましょう!」

「とりあえず今日は、ひたすら占ってみて、いっしょにやりやすいやり方を探しましょう!」

 

で、実際にやってもらったんですが、最初にやってもらったケルト十字では「何一つ発想が浮かばない」という状態になっちゃってたので、「よし次はワンオラクルにしてごらん🙂」とアドバイス。

何かができないときは、まずは「できること」からやってみるのが大事!

 

 

ところがそれでも「うむむむーー」とうなってらっしゃったので、

「タロットカードと会話するイメージでやってごらん?」

とさらにアドバイス。

 

中川龍

問いは「これから仕事で独立するんだけどそれについてアドバイスください」。

それに対して1枚引きしたら、「ペンタクルのクイーン」が出た。

ではこれがタロットさんからの回答だと考えられます。

では想像してみましょう。

ペンタクルのクイーンのキーワードはなんでしたっけ?🐻

 

Aさん

「余裕がある」

「穏やかな心」

「後ろでどんと構えている」

とかだったと思います!

 

中川龍 

じゃあ、それが「仕事で独立に対するアドバイスをください」に対する回答として返ってきたわけです。

 

もしそうなのだとしたら、具体的にどういうことをすればいいと思う?

相談者の立場になって、現実的に何をしたらいいと思う?連想してみて?

 

Aさん

…あぁぁ!

なんでもかんでも自分でやろうとするんじゃなくて、後ろでどーんと構えて、人を上手に使うようなマネジメントをすればいいってことですかね?

部下のやることにあれこれ口を出すんじゃなくて、ただただ後ろで見守ってる上司みたいなイメージというか、、、

 

中川龍

おお、いいじゃーん!

その連想いいじゃーん!

確かにリーダーって、二種類いるよね。

それは「手順を示そうとするリーダー」と「方角を示そうとするリーダー」。

そして前者はだいたい、部下に煙たがられる。笑

後者はだいたい部下に愛されるリーダーになる。

なかなか的確っぽい連想できたじゃーん!

 

Aさん

なるほど!

こんなふうに連想すればいいんですね!

 

中川龍

うんうん!

その調子です!

そして今回はワンオラクルでやったけど、この基本的な考え方はケルト十字やるときでもいっしょです🙂

ケルト十字って10枚を複合的に読まなければいけないスプレッドなわけじゃなくて、「過去は?」「今は?」「未来は?」という問いで、ワンオラクルを10回やってるものなんだと考えてみてください✨

そうすれば連想しやすいと思う!

 

自分に自信がないBさん

参加者の一人、Bさんはこんなこと言ってました。

私は大した人生経験が何もないので、だから占いしててもいまいち適切なアドバイスができないんですよね…

  

中川龍

それはありえません。

どんな段階の人でも、20年生きてりゃ何かしらの「人生経験」は育まれているものです。

だからあなたの場合も「価値ある経験がない」のではなく、「価値ある経験に気付いていない」「自分で見落としているだけ」だと思います。

 

Bさん

はぁぁぁ、、、

そんなもんですかねー?

 

中川龍

ちなみにこれまではどういうご職業されてたんですか?

職業以外でも、何かハマってた経験があれば教えてください。

 

Bさん

パン屋さんと、ケーキ屋さんと、キャバクラと、あぁそれから神社の巫女と、職業ではないですがピアニストになろうと思って勉強したこともありますし、あとギターの弾き語りもしてましたね。

あ、油絵も描けます。

 

中川龍

人生経験のスーパーマーケットじゃねえかよ!!!!

 

こうして文章にすると、漫画みたいなやりとりですねこれ。笑笑

そうそう、こういう人いるんですよね。

本当はとてもレアで価値ある経験をたくさん持ってるのに、そのことに自分で気付いていない。

自分のことを過小評価している。

自分が「可能性の塊」であることを、自分のなかの思い込みで見落としている。

 

この方には、ちきりんさんの「マーケット感覚を身につけよう」という本を紹介しておきました。笑

 

自分のすぐそばに「価値あるもの」が存在していても、その価値を認識する力がないと、「自分の周りには何も価値あるものがない」と思えてしまいます。

長く仕事から離れていたため、パートやアルバイトしか職が見つからないと嘆く専業主婦の人がたくさんいます。

その一方、主婦スキルを最大限に活かし、キャラクター弁当作りのレシピ動画作成、収納のカリスマアドバイザーや、しつけや教育のコンサルタントとして、一般の会社員以上に成功する人もいます。

この専業主婦と元専業主婦の違いは、価値あるスキルの差でしょうか?

そうではなく、主婦業を通して身につけたスキルが、「誰にとってどんな価値があるのか、見極める能力」に、差があるのではないでしょうか?

by「マーケット感覚を身につけよう」より

 

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

 

 

写真も二枚だけ撮ったぞ 

毎回写真撮影を忘れることで有名な僕ですが、今回はなんとか思い出して、二枚だけとりました。

ただ、二枚とったところで満足し、その後やっぱり忘れました、、、笑

しかも今回は「顔出しNG」の方がほとんどだったので、手元の写真だけですが、いちおう撮ってきたのでご紹介しますね。。。笑

 

f:id:noabooon:20170708140622j:plain

f:id:noabooon:20170708140611j:plain

 

終わったあとは、今回もみんなでライングループ作って交流しました✨

これ毎回やってるんですが、最近はここでの出会いをきっかけに「いっしょにイベント共催する人」とかも出てきたりして、びっくりです😳

  

というわけで今回の教室もとても楽しかったです🤗

七月の枠まだまだ空いてるので、気になった方はどんどんいらしてくださいねー!

 

www.dshocker.com

 

おしまい!