タロットカード19「太陽」の意味。 恋愛・仕事での解釈例。

スポンサードリンク

f:id:noabooon:20080221165040j:plain

 

 

「太陽」の基本的なキーワード

ポジティブな意味

元気、陽気、エネルギー、啓蒙、確信、明確、輝く、純粋無垢、無邪気

 

ネガティブな意味

傲慢、増長、横暴、自惚れ

 

エレメント

 

太陽のキーワード解説

このカードでは、明るい太陽の下、無邪気に大喜びをしている子供が描かれています。 

星と月は、夜を表すカードでした。

あの頃は全てが闇の中に包まれていて、わからないことがたくさんありました

その中で「希望を信じるか」「不安を信じるか」がテーマでした。

しかしこのカードでは夜が終わりました。

空には太陽が登り、全てを照らしています。

もう不安なことは何もありません。

 

恋愛について占っているのであれば、未来のあなたはそもそも「この恋がどうなるか?」なんて、心配もしていません。

その理由は、「パートナーと良好な関係を築けたから」かもしれません。

あるいは「そもそもこの恋がどちらに転ぼうと自分の人生に大きな差はない」と気付き、未来を嘆くよりは、目の前にある楽しいことに夢中になったほうがいい考えたのかもしれません。

状況が変わったから元気になったのか、それとも内面が変わったから輝いているのか、どちらなのかはまだわかりません。

でもどちらにせよ確かなことは、未来のあなたは「元気いっぱいだ」ということです。

仕事について占っているのであっても同様です。

未来のあなたは、今抱えている不安や苦悩のことなど、もう微塵も考えていません。

ただただ子供のように、目の前の楽しそうなことに夢中になっている。

それだけです。

 

このカードは「無邪気さ」を意味するカードでもあります。 

未来を憂う子供はいません。

彼らは、「失敗する可能性」に怯えることもなければ、「希望」という報酬を原動力に動くこともありません。

彼らはただ、「そっちに向かいたいから、向かう」というシンプルなロジックで生きています。

このカードが出たときは、そういう「子供らしい自分」「純粋な自分」を取り戻すことができる時です😊✨

そんなあなたは、とても輝いているでしょう。

喜びを感じているあなたは、不安から解放されたあなたは、エネルギーに満ち溢れているあなたは、きっと誰よりも輝き、明るく、皆の憧れるような存在になっているでしょう。

その姿は、まるで太陽のようでしょう✨

 

ただしこのカードは火のエレメンタルに属するため、水土のエレメンタルと隣接する場合は、その意味が強大になりすぎていることを意味します。

太陽のような膨大な炎に対しては、少量の水や土をかけた程度では鎮火されず、むしろその勢いを強めてしまうことがあります。

あのイメージです。

例えば女教皇と隣接した場合は、「傲慢」+「ヒステリー」という組み合わせになるため、感情的に自分の意見を押し付けてしまう場面が連想されます。

隠者と隣接した場合は、「傲慢」+「孤独」という組み合わせになるため、独りよがりになり、他者との対話を拒絶してしまう場面が連想されます。

良くも悪くも「自己信頼の高まり」を表すカードだと言えるでしょう。

 

その他のカード解説

0「愚者」の意味

1「魔術師」の意味

2「女教皇」の意味

3「女帝」の意味

4「皇帝」の意味

5「法皇」の意味

6「恋人たち」の意味

7「戦車」の意味

8「力」の意味

9「隠者」の意味

10「運命の輪」の意味

11「正義」の意味 

12「吊るされた男」の意味

13「死神」の意味

14「節制」の意味

15「悪魔」の意味

16「塔」の意味

17「星」の意味 

18「月」の意味

19「太陽」の意味

20「審判」の意味

21「世界」の意味

小アルカナ「ワンド」の意味

小アルカナ「ソード」の意味

小アルカナ「カップ」の意味

小アルカナ「ペンタクル」の意味