「アイデアがほしい」ときにおすすめの本

スポンサードリンク

f:id:noabooon:20160905032013j:plain

 

 

この記事は以下のような方のために書きました。

  • アイデアが、アイデアがもっと欲しいー!!!
  • 何か今までになかった発想を閃きたい!!!!!
  • うおおおおおおおおおお!!!!!!!
  • って悩んでる方

 

仕事で煮詰まっちゃっとき、

夢に向かって挫折しそうなとき、

生きているとたまに「生みの苦しみ」に出会うことがあります。

 

そういうときは、以下の3冊を読んでみて下さい!

きっとあなたの人生に「強烈な閃き」を与えてくれるはずです。

 

1:なるほどその手があったか!が量産できるひらめきの作法

あんまり知名度がないのですが、個人的には最高のバイブルとなっている本です。

本書で書いてあることは、とてもシンプルです。

アイデアをばんばん量産するために必要なことは、以下のような3ステップを踏むこと!

 

1既存のバイアス(固定観念)を特定する

2それを崩して、別のことと結合してみる

3そこに一本のストーリーを作る。

 

例えば、本書の中で「経営がピンチな学習塾」の例がでてくるんですが、ここでは「学習塾=子供が自分自身のために学ぶ場」というバイアスがあったことに気付き、そこで「学習塾=大人が他人のために学ぶ場にもできるのではないか?」と発想を広げた結果「シニア向けコースを開設」というアクションに結びつきました。

 

f:id:noabooon:20171030170104p:plain

f:id:noabooon:20171030170109p:plain

 

上記以外にも様々な具体事例が本書では紹介されています!

それらを読んでると、だんだん「自分の仕事もこうすればいいんじゃないか?」「こういうことをすると面白いんじゃないか?」みたいな発想がどんどん湧いてきます😊

最高におすすめの一冊です!

 

 

2:アイデアは考えるな!

これは有名な本です!

 

本書が言いたいことを一言でまとめると、

「とにかくまずはダメそうなアイデアを腐るほど出してごらん」

「それを後から組み合わせてごらん」

です😊

 

アイデアを出せないという悩みを持つ人の共通点は、「すごいアイデア」を出そうとしてしまっていること。

でも、「すごいアイデア」を出している人は、その何倍も「すごくないアイデア」を出している。

ピカソは生涯2万点の絵を描いた。

バッハは毎週少なくとも1つ作曲していた。

エジソンの死後、メモがびっしり書かれた3500冊あまりのノートが発見された。

まずは「すごくないアイデア」をたくさん出すところから始めよう!

 

アイデアというと、ついつい「すごいアイデア」を出そうとしてしまいがちですが、そう考えること自体がアイデア出しの壁になっているんですね。

というわけで、まずは「すごくないアイデア」でいいから自由に奔放に出してみましょう!

そうやってひねり出した「あんまりすごくないアイデア」を、後から並べて整理してみて、いろいろ組み合わせたり、分離したり、掛け合わせたりしてみます。

すると気付けば、「なんかすごそうなアイデア」が浮かんでくる。

そういうメソッドを詳しく解説してくれてる本です!

 

  

3:クリエイティブマインドセット

この本は 

「アイデアを発想する方法そのもの」ではなく

「アイデアが発想できる心理状態になるにはどうすればいいか」 

を解説してくれている本!!!!!!

 

ある調査では、「自分はクリエイティブではない」と思っている人は75%にも上る。

だが、どんな人でも自分の中に創造力を秘めている。

ほんの少し背中を押せば、仕事でもプライベートでも、その力を存分に発揮できる!

 

創造力に必要なのは、アイデアと「自信」。

その自信は、ちょっとしたトレーニングとアドバイスだけで、簡単に身につき、想像力・好奇心・勇気がみるみるあふれ出す。

自分から行動し、人生を変え、イノベーションを起こす! 

 

 

こちらもそこそこ有名なやつかな?

アイデアなんて、本当はいくらでも湧いてくるねん!

だけど人は自分が出すアイデアに「自信」が湧いてこないだけやねん!

だから自信を持って考えられるようになるためのヒントを教えたるで!

みたいな感じの本です!

 

テクニック的なことを理解しても、それでもなお、どうしてもアイデアが湧いてこないときは、きっとそのときのあなたは自信を失っているのです。

この本を読んで勇気を取り戻しましょう!笑

 

以上、「アイデアがほしい!」と思ったときにおすすめの本でした😊

おしまい!

読んでくれてどうもありがとう!