「元彼とやり直したいんです😢 でも、お母さんや友達には『そんな男やめたほうがいい』と反対されています、、、」

スポンサードリンク

f:id:noabooon:20171112110727j:plain

 

相談者

元彼とやり直したいんです😢

でも、お母さんや友達には、「そんな男やめたほうがいい」と反対されています、、、

 

中川龍

ほうほう!

ちなみにどうして反対されてるんですか?

 

相談者

かくかくしかじかで、、、

 

中川龍

なるほど!

確かにちょっと性格に問題がありそうな男性ですね!

でもまぁ、それはあくまでも「その人ともっかい付き合っても結局幸せにはなれないだろうと予測される」というだけのことであって、あなたが実際にやってみて、実際に体験したわけじゃないですよね。

だったら、他人のいうことなんか気にしないで、自分自身が満足するまでとことんやってみればいいと思いますよ😊

 

相談者

えーーーー😳

いいんですかね?😳

 

中川龍

教育心理の話になりますが、子供があぶなっかしい選択をしようとしているとき、それに対して「やめなさい」というのは、望ましい教育ではありません。

なぜなら、こうやって大人が先回りして「あーしなさいこーしなさい」と指示してしまうと、子供の自主性が育たないのです。

こういう子は失敗はしないで済むかもしれませんが、自分の判断を否定されてしまうので、大人になってからも「自分の頭で考えることができない人間」に育ちます。

無意識レベルで、「自分の頭で判断してはいけない」というロジックが刷り込まれてしまうのです。

 

こういう時もっとも望ましい教育態度は、

1いったん好きにやらせてみること。

2ただし、その結果子供が失敗したりダメージを負うであろうと予測される場合は、そのアフターフォローをしてあげる準備を整えておくこと。

です。

これなら、子はその場では失敗するかもしれませんが、その失敗を通して「これはうまくいかないんだな」ということを学べますし、同時に「私は自分で考えて選択していいんだ」という意識が刷り込まれるため、大人になってからもどんどん能動的に主体的に自分の頭で考えて行動できるようになります。

 

これらを踏まえて考えると、今、あなたのお母さんや友人は、あなたに対して「望ましくない教育態度」をとってしまっています。

ただ、彼女達も悪気があるわけではないのでしょう。

彼女達なりに、あなたのことが心配でそう言っているのでしょう。

とはいえ長い人生で見れば、判断に迷ったときは「他人の意見」を聞くよりも、いったん「自分のやりたいようにやる」ほうが望ましいことも事実です。

というわけで、やりたいようにやればいいのです😊

その男性は確かに微妙かもしれません。

でもあなたが彼のことを諦めたくないなら、とことん納得いくまでやればいい。

そうすれば案外、彼が変化することだってあるかもしれない。

人生なんて何がどうなるかわからないもの。

あなたが心から向かいたい方角に、自由に進んでしまえばいい!

 

相談者

なるほど、、、、

確かにそうかもしれませんね、、、

 

中川龍

ん?

あんまり元気が出てなさそうですね!

あなたは最初、「私は彼を追いたい」「でも周囲に反対されている」と言っていました。

だから僕は「あなたは彼を追ってもいい」という根拠を示しました。

それにも関わらず、今のあなたはまったく嬉しそうに見えません。

なぜでしょうか?

何か思いつくことはありますか?😊

 

相談者

うーん。

今パッと頭に浮かんだのは、じゃあ実際に復縁を目指すといっても、そもそも彼とは大喧嘩して別れているので、いまさら無理かなって、、、

 

中川龍

それはわからないんじゃないですか?

僕の知り合いには、三ヶ月前の時点では「てめえ慰謝料請求するからな!」とまで言ってたのに、三ヶ月後にはすっかりそのことを忘れて「クリスマスパーティーするけど来ないー?😊」って誘ってくれたお友達がいますよ笑

人間って、時間が経てば気分も変わるものです。

 

僕の過去のクライアントのなかには、「彼と喧嘩別れしてラインもブロックされたのでもう無理です、絶対無理です、どうにもならないです」といってた10分後に、

「あ、彼から連絡きました」

と言い出した方もいましたね。笑

 

人間関係って、意外とわからないものですよ?

それでもどうしても心配なら、きっかけなんて自分でどんどん能動的に作ってしまえばいいだけです。

共通の友人にお願いして、仲直りの機会を作ってもらうとかね!

あなたが本気なら、できることはいくらでもあるはずです。

どうですか?

 

相談者

そうですね、、、

確かにそうですね、、、、

 

中川龍

げんきなさそー!笑

 

相談者

うー、ごめんなさいー😢笑

 

中川龍

いやいや謝るところではないです笑

ただ、今の反応を見ていると、あなたはそこまで明確に彼とやり直したいわけではないのかもしれませんね。

人間は「本気で願うこと」には行動が伴います。

行動が伴わないということは、意外とそんなに願ってないのです。

でもなんらかの理由によって、今は自分でもそのことに気付いていない。

 

相談者

あぁ、それはあるかもしれません、、、

私は○○みたいな髪型が好きなんですが、でも彼と付き合うと、彼は△△みたいな髪型の方が好きなので、ありのままの自分で生きれないっていうか、、、

でも彼のこと好きって思う自分もいるし、、、

 

中川龍

なるへそなるへそ。

じゃあ、いっそのこと神頼みをしてみましょう。

タロットさんに「これからも彼を追う未来と、彼を捨てて他の恋に生きる未来」がそれぞれどうなるか聞いてみませんか?😊

今のあなたは、自分でも自分の感情が整理しきれてないようです。

そこらへんをもう少し掘り下げられればよかったですが、少々時間も足りなくなってきましたので、今回はいったん占いに判断を仰いでみませんか?

 

相談者

えー😳

いいんですか?

中川さんはブログでよく

「自分の頭で考えることから逃げて、占いに判断を委ねてんじゃねえ!」

って言ってませんでしたっけ?

 

中川龍

確かによく言ってますね笑

でもそれはあくまでも、「最初から占いに頼りきり」の人が多いからそう言っているだけです。

人事を尽くしてもいないうちから、神仏に頼ろうとするなと言っているだけです。

人事をさんざんし尽くしたうえで、それでも判断がつかないなら、その時あらためて神仏に頼ろうとするのは、とくにおかしなことではないと考えていますよ✨

 

相談者

なるほど!

じゃあお言葉に甘えて、、、

お願いします!

 

中川龍

ほい!

じゃあカードを引いてみます!

 

…こうなりました!

 

f:id:noabooon:20171112110727j:plain

 

・現状 ワンドのキング「大雑把に考えている」

・彼を追う未来 カップ5「がっかりする」

・彼を追う結末 ソード10「破滅する」

・彼を諦める未来 ペンタクル6「自分のもつ価値を与える」

・彼を諦める結末 女帝「母性が強くなって自分や他者を許せるようになる、女性的魅力が強くなってモテ期くる」

・助言 カップ4「見落としている何かに気付きましょう」

 

なんだこれ!

すごい明らかな二択!!!!笑

 

相談者

えー!!!!

 

中川龍

彼を追うほうは、明らかにへっぽこカードしか出ませんでしたね。

結末には「破滅する」と、その途中では「がっかりする」と出ました。

あなたはきっと、本気で彼と復縁を目指すなら、いくらでもできるんですよ。

チャンスなんていくらでも掴める。

でも彼と復縁したところで、思ってたほど楽しい生活は待っていないのです。

さほど幸せにはならんのです。

だから、「がっかりする」なんじゃないでしょうか。

 

相談者

なんかリアルですね、、、笑

 

中川龍

「彼をあきらめる」には、いいカードが出まくりました!

まず未来に「価値を分け与える」というカード。

あなたがすでにもっている何かを、「価値がある」と感じてくれる誰かに出会えるのかもしれませんね。

あなたは無理に相手に合わそうとしなくても、ただありのままに生きているだけで、価値を感じてもらえる。

その先のあなたは、どんどん自分に自信がついてきて、モテ期がくるのかもしれません。笑

ハッピーエンドおめでとう!

 

相談者

おおおおおお!!!!!

 

中川龍

助言にはカップ4が出ました。

「見落としがあること」を意味するカードです。

今のあなたは、自分の魅力や価値について、何か見落としているのかもしれませんよ。

あなたは、自分で思ってるよりもっともっと「価値」「魅力」があるのではないでしょうか😊

よろしければお家帰ってから考えてみてください😊

 

相談者

ありがとうございます!

すこし元気になりました!!!!

ゆっくり考えてみますね😄

 

中川龍

ほーい!

ファイトー!

 

自分の価値に気づくヒント (ディスカヴァー携書)

自分の価値に気づくヒント (ディスカヴァー携書)

  • 作者: ジェリー・ミンチントン
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2016/08/10
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 
自分の心をみつける ゲーテの言葉

自分の心をみつける ゲーテの言葉

 

 

おしまい!

読んでくれてどうもありがとう😊