「いつも身勝手な男性ばかり引っかかります。私の恋愛運について、占ってください」

f:id:noabooon:20171215171254j:plain

 

ある相談者とのやりとり😊

 

相談者

恋愛運について占ってください。

 

中川龍

わかりましたー!

ちなみに、「なぜ」それを知りたいんですか?

 

相談者

うーん。

実は私、すごく男運が悪いんです。

今まで付き合った男性は、みんなものすごくわがままで、独善的で、自分勝手で、言葉の暴力や、本当の暴力を受けたこともありました、、、

ずっとそんな男性ばっかり引っかかってしまうので、次こそは優しい男性に出会えればなぁと思っているところで、、、

だから恋愛運を占ってもらおうと思いました。

 

中川龍

なるほど!

うーん。

そういうことでしたら、きっとあなたは次も「自分勝手な男性」と付き合いますよ。

それは占うまでもなく、間違いありません。

 

相談者

えーーーー!!!!!!!

 

中川龍

そもそもあなたのようなかたは、「運が悪いからそういう男にばかり引っかかる」のではありません。

「自分でも無自覚にそういう相手だけを選んでるからそういう男にばかり引っかかる」のです。

 

人間は誰でも自分に対して、「私はこういう人間だ」というセルフイメージのようなものを持っています。

そして人間は、自分のこのセルフイメージ通りの扱い方をしてくれる異性を、無自覚に選びます。

 

いつも遊ばれる女性は、「私なんて遊ばれるくらいがお似合いだ」というセルフイメージを持っているのです。

だから無自覚になんとなく、「遊び人のような男性」だけを選びます。

こういう人は、誠実そうな男性を前にすると胸がキュンとしません、あるいは「私には見合わない」と感じます。

その代わりに、遊び人そうな男性を見ると胸がキュンとします。この人となら一緒にやっていける気がすると安心します。

そういう脳の構造が完成しているのです。

 

いつもDV男にばかり引っかかる女性は、「私なんて暴力的に支配されるくらいがお似合いだ」というセルフイメージを持っています。

おそらく小さい頃、お父さんかお母さんに乱暴に扱われた経験があるのでしょう。

だから無自覚になんとなく、「乱暴に扱ってくれそうな男性」だけを選びます。

こういう人は、対話によって平和的に解決してくれそうな男性を前にすると胸がキュンとしません、あるいは「私には見合わない」と感じます。

その代わりに暴力によって支配してくれそうな男性を見ると胸がキュンとします。この人となら一緒にやっていける気がすると安心します。

そういう脳の構造が完成しているのです。

 

あなたはこれまでずっと「身勝手な男性ばかり引っかかった」とのことでした。

ってことは、あなたの場合もそういう脳の構造が完成しているのでしょう。

つまり今のあなたが胸キュンする対象は、だいたいみんな身勝手な男性のはずです。

 

相談者

そ、そうなんですか、、、

そういうものなんですか、、、

 

中川龍

そういうものです!

ちなみに少し話は変わりますが、おそらくあなたは「引っ張ってくれる男性が好き」「なんでも決めてくれる男らしい人が好き」って思ってませんか?

 

相談者

…!

なんでわかるんですか!

確かにそれ、いつも言ってます!!!!!!

 

中川龍

だから「身勝手な男性」ばっかり引っかかるんじゃないですか🙃笑笑

 

相談者

え、え、え?

 

中川龍

単純な話です。

あなたは「引っ張ってくれる男性が好き」と考えていますが、これは裏を返せば「自分で考えたくない」「自分で意思決定したくない」「自分で決断したくない」ということです。

ではそんなあなたが、「あなたの意思をちゃんと尊重してくれる身勝手さがない男性」に出会ったら、どう感じるでしょうか?

…きっと物足りないと感じるはずです。

 

あなたは自分の頭で考えたくない。

そんなあなたにとっては、自分の意思をしっかり尊重してくれる男性なんて、ちょっと接し方に困るはずです。

あなたは自分の頭で考えたくない。

そんなあなたが安心して接することができる相手は、必然的に「身勝手な男性」だけに限定されてしまうのではないでしょうか?

 

相談者

あわわわわわわ、、、

とても思い当たります、、、、

 

中川龍

ですよね笑笑

以上から、あなたがもう「身勝手な男性に引っかかりたくない」のであれば、そのために必要なことは、まずあなた自身が「自分の頭で考えること」「意思決定すること」「決断すること」から逃げない自分に成長することです。

そういう自分に成長すれば、自然と「あなたの意思を尊重してくれる男性」のことが恋愛対象として見つかるようになってきます。

 

相談者

おおおおおお、、、

なるほど、、、、

確かに私は、母親がとても独善的な人でした、、、

私の家は、母が黒といえば、白いものも黒くなるような家庭だったので、そのころに「私は自分の頭で考えたり決定したりしてはいけない」という思いがすりこまれちゃったのかもしれません、、、

でもこういう自分を、もう卒業しなきゃいけないってことですね、、、

 

中川龍

そうです!

そのロジックは、幼い頃のあなたにとっては正しいロジックだったのかもしれません。

その頃は、あなたはまだ子供だったし、お母さんに逆らってたら生きる方法がわからなかったですからね!

 

でも今のあなたにとっては、もう適切ではないのです。

あなたは、家庭の外の世界に踏み入れた。

そして外の世界は、全てがお母さんのように怖い人ばかりではありません。 

パソコンだって時代が変われば、アップデートをしないと使えなくなります。

人間もそれと同じです。

世界が変わったのなら、柔軟に自分の考えをバージョンアップしていきましょう!

 

相談者

なるほど、、、

理屈はわかりました、、、

でもちょっと、「私は自分の頭で考えてもいい」だなんて、今までにない新しい考え方すぎて、少し怖いですね、、、

できるかな、私に、、、

 

中川龍

逆に考えてください。

これは「できるかな」ではなく、「できなきゃどのみち絶対に幸せになれないもの」なので、やるしかありません。

あなたが今の自分であるかぎり、あなたは絶対に幸せにはなれません。

これは断言できます。

 

相談者

え、え、え、え、!!!

 

中川龍

例えば、もしあなたが宝くじ当たって3億円ゲットしたとします。

それでもあなたは幸せになれません。

なぜなら、自分の頭で意思決定することができないので、人に流されてしまうからです。

もしあなたがそれだけの大金を得た場合、きっとあなたのところには、色んな人が寄ってきます。

銀行関係者、家族、親戚、元彼、友人、いろんな人たちがあなたに、たかってきます。

しかしあなたは、「自分の意思で決定できない人間」です。

すると、彼らからの「お金かしてください」を断りきれません。

だからどんどんお金がなくなっていきます。

せっかく3億円もあるなら、それを元手に事業でも始めればさらに増やせるかもしれませんが、あなたはそれも決断できません。

自分の頭で決断することができないからです。

だからあなたの3億円は、どんどん怪しい融資や、最初から返済意思のない借金に消えていきます。

 

…そして気づけば、あなたはまた無一文になるのです。

「宝くじ当選者が、その後どんな人生を歩んだか?」みたいな話を調べたことはありますか?

調べればネット上にいくらでもあるので、少し調べてみてください。

今のようなルートで、結局全財産を失い、おばあちゃんになってからまたパートで働いてる女性なんていくらでもいます。

 

つまり僕が言いたいことは、こういうことです。

  • 普通、「3億円当たる」なんてラッキーに遭遇したら、そこから不幸になるほうが難しそうに考えられる。
  • しかし「自分の頭で考えることができない人」は、それほどのラッキーに遭遇したとしても、あっという間に簡単に不幸になることができてしまう。
  • つまり「自分の頭で考えることができない」という考えは、それくらいに自分を不幸にする恐ろしい信念なのだ。

 

相談者

なるほどなるほど!!!!!

とても納得しました!!!!!!

確かにそんな風に考えると、これってとても危ない考え方なんですね、、、

わたし、グダグダ言ってないで、もっとどんどん自分を変えるために頑張ってみようと思います!

 

中川龍

おっけーい!

そしたらまずはこういう本を読んでみるといいですよ😊

 

たった二日で、劣等感を手放して、幸せになる方法

たった二日で、劣等感を手放して、幸せになる方法

 

 

自分を変えたいときは、自分の意思だけでやろうとしないことです。

まずはこういう本を読んで、知識を得る!

そういうのの積み重ねで、どんどん自分を変えていけますからね!!!!!

 

相談者

ありがとうございます!

 

中川龍

ではそんなあなたの恋愛運について、最後に占ってみましょー!

 

f:id:noabooon:20171215171254j:plain

 

・過去 カップ2

・現在 隠者

・障害 ワンド3

・未来 ソード5

・表面的に見えていること ペンタクル9

・見落としている本質 カップ4

・無意識に抑圧しているもの 正義

・他人はあなたをどう見ているか ペンタクルのエース

・願望と不安 カップ3

・結論 ソード6

 

んんんー!

一回、人間関係ぜんぶ変えたほうがいいかも!

 

相談者

えー!

 

中川龍

過去にはカップ2が出ました。

あなたは人の心を開かせる達人のようです。

あなたのその温和な話し方や、物腰は、相手に強い安心感を与えます。

 

現在には隠者が。

あなたは今、これまでの人間関係と少し距離を置き、一人になることで、じっくりと「これからどうしたらいいか」を考えているようです。

その日々は、のちに必ずあなたの心に「道しるべ」を示します。

 

しかし未来にはソード5が。

過去と現在にはいい感じのカードが続いているのに、未来には「憎しみ」を意味するカードが出ちゃいました。

未来のあなたは、結局また「身勝手な男性」に振り回されて、イライラを感じるのかもしれません。

せっかく過去現在にはいいカード出ていたのに、どうして未来は微妙なんでしょう?

 

あなたの障害にはワンド3が出ました。

「憧れの地」「向こう側へ飛び込みたい気持ち」などを意味するカードです。

しかし今回は障害に出ているので、今のあなたは「私ももっと幸せそうに生きているあの人たちみたいになりたい」と思いつつも、そっちに飛び込む勇気がまだないのかもしれません。

今のあなたは、まだ幸せになる勇気がない。

だから、未来はソード5なのではないでしょうか。

 

総合結論にはソード6が出ました!

新天地に向かうことを意味するカードです!!!!!

なんかどのカードも「新しい世界に飛び込んでこうぜ!」って感じのカードが多いですね!

 

少し話は変わりますが、「人間は他人から扱われたような自分になる」ものです。

いつも「お前は無能だ」と言われて育った子は、本当に無能になります。

だから、さらに周囲から「あの人はダメな人だ」と扱われやすくなります。

こうしてどんどん「無能な自分」という特性を固定化してしまいます。

いつも「おまえは優秀だ」と言われて育った子は、本当に優秀になります。

だからさらに周囲から「あの人はすごい人だ」と扱われやすくなります。

こうしてどんどん「優秀な自分」という特性を固定化していきます。

 

あなたの場合もこれと同じことが置きているのではないでしょうか?

あなたは初めにお母さんから「おまえは自分の頭で考えてはいけない」と扱われました。

だから「私は自分の頭で考えることができない人間だ」と主張して生きてきた。

だから大人になってからも、同じように「おまえは自分の頭で考えてはいけない」という扱い方をしてくる男性ばかりを選んできました。

 

同じようなことを、友人関係や、職場選びでもしていませんか?

あなたは、なるべく「勝手に決めてくれる友人」ばかりを選んできたし、なるべく「指示された通りのことだけやってればいい職場」を選んできませんでしたか?

 

ってことは、今あなたの周囲にある人間関係は全て、「あなたが自分の頭で考えないこと」を前提に構築されているものばかりのはずです。

その集団の中にいる限り、あなたはこれからも「自分の頭で考えてはいけない存在」として扱われることでしょう。

するとその中では、自分を変えることは困難なのではないでしょうか?

 

相談者

とても思い当たりますーーーーー!

確かに友達も、わりと自分で勝手に決めてくれる人が多かったです、、、

今の会社も、かなり大きな会社なので、自己裁量はほとんどなくて、ただただ言われたことをやってればいいという空気感の会社です、、、

その中で自分を主張しようとしたら、すごくもめると思います、、、

 

中川龍

それらを思い切って捨ててみましょう😊

友人はいきなり断ち切るのは寂しいかもしれませんが、せめて少しでも「新しい友人」を開拓してみてください。

あなたのことを「自分の頭で考えてもいい存在なんだよ」と扱ってくれる、新しい友人を作りましょう。

家族はなかなかすぐには変わらないかもしれないので、せめて接触の頻度を減らしましょう。

会社は思い切って転職しましょう。

この相談の前に仕事運について占ったとき、「さほどいい給料なわけではない」とおっしゃられてました。

だったら転職したってさほど何も変わらんはずです。

どんどん思い切って、転職してみましょう!

いきなりそこまでは怖いというのであれば、異動願いを出すのでもかまいません。

とにかくなんらかの変化を自分に与えましょう。

そうやって、「新天地」に旅立つ。

そうすれば、この未来に出たカードは必ず変えることができます😊!!!!

 

相談者

うあああああ!

ありがとうございます!!!!!

自分を変えるため、、、

新天地に飛び立ちます!

 

たった二日で、劣等感を手放して、幸せになる方法

たった二日で、劣等感を手放して、幸せになる方法

 

 

おしまい!

読んでくれてどうもありがとう😊