スポンサードリンク

「私はもっと残業したいのに、上司が早く帰れって言います😡」「なぜそう言われるのかまで考えたことありますか?」

f:id:noabooon:20180221171205j:plain

 

相談者

会社の上司とそりが合わないんです、、、

 

中川龍

ほうほう。

どう合わないんですか?

 

相談者

私が残業してると、上司が怒るんです。

「早く帰りなさい」

「プライベートを充実させなさい」

「ワークライフバランス!」

って言ってくるんです、、、

 

中川龍

え!笑

それだけ聞くと、めっちゃホワイトで素晴らしい感じがしますが笑

 

相談者

まぁ一般的にはそうですよね、、、

でも私としては、残業してでも「より良いもの」が作りたいんです。

私は「ワークライフバランスなんて糞食らえ」だと思ってます。

私はもっと仕事に全力投球して、生きていきたいんです!

でもそれだと上司と意見が合わなくて、、、

ぶつかっちゃうんですよね、、、

 

中川龍

なるほど、、、笑

では、どうしてその上司さんは、あなたに「残業するな」って言うのだと思いますか?

そこまで考えてみたことはありますか?

 

相談者

そう言われてみると、無いかもしれません😳

ただ「価値観が合わないんだ」と思って、そこで止まってました。

 

中川龍

ではそこの仕組みを解説します。

その上司さんがあなたに「残業しないでね!」って言ってるのは、単純に

「あなたに残業されてもメリットが無いから」

だと考えられます。

 

相談者

え、、、

私が残業してもメリットがない、、、?

 

中川龍

そうです。

「残業しまくることで最大のパフォーマンスを発揮するような働き方」は、小さい会社では有用です。

なぜなら小さい会社では、利益をあげるための仕組みがまだへっぽこなので、相対的に個人のマンパワーの影響力が大きいからです。

 

しかし大きい会社というのは、「個人の力」よりも、「仕組みの力」で利益を出しています。

大きい会社では能力的に多少劣ってる子がいたとしても、それでも成果を出せるように、より高度な仕組みを構築しているものです。

そして、そういう組織の中では、相対的に個人のマンパワーの影響力が下がります。

 

わかりやすく数値で示すと、こういうことです。

  • あなたが残業しまくれば10の成果を出せるとする。
  • 小さい会社は利益を生み出すための仕組みがまだへっぽこなので、平均で100の利益しか出せないとする。
  • するとこの中では、あなたががんばることは、10+100で「売上10%アップ」という効果を生み出すことができる。
  • だからこの中では、あなたが残業してがんばることは、とても「価値があること」となる。

 

  • しかし大きい会社は仕組みがより高度に完成しているので、平時で常に10000の利益を生み出すことができる。
  • このなかであなたが頑張ったところで、10+10000で「売上0.1%アップ」という効果しか生み出せない。
  • だからこの中であなたが残業してがんばったとしても、あまりそこまで意味はない。
  • そして人間の心というのは、苦労すればどうしたって「見返りが欲しい」と考えてしまうものである。
  • あなたがどれだけ頭では「見返りがほしいわけじゃない」と考えていたとしても、苦労してしまえばどうしたって心の奥底では「私はこんなに頑張ってる」「そのことを褒めて欲しい」「そのことをねぎらって欲しい」「そのことを認めて欲しい」という欲求が湧き上がってしまうものである。
  • しかしその要望に応じるためには、管理職が部下を常に見ててあげて、褒めてあげる時間をとらなければいけない。
  • これらを総合的に考えると、あなたが残業しまくることで得られるリターンと、そのあなたを褒めてあげなければいけないコスト、その二つを天秤にかけた場合、大きい会社にとってはあなたが残業することはむしろデメリットとなってしまう。

 

さらにいうなら、Googleなどの例を見てもわかる通り、人間ってのはプライベートが充実して幸せハッピーに生きてるほうが、「よりすごいアイデア」が浮かんできやすくなるものです。

大きい会社で求められているものは、そういうものなんですよ。

大きい会社では、「日常業務に対するすごい貢献」なんか必要としていないのです。

それよりも、「そういうのをしないで済んでいるからこそ出てくるすごいアイデア」が欲しいのです。

だから上司さんは、「あなたに残業してほしくない」のだと思いますよ😊

 

相談者

な、なるほど、、、、、

私の残業に意味がないと認めるのはちょっと辛いですが、でも言われてみれば納得です、、、

確かに私は、前の会社ではすごい重用されてたんです、、、

でもあれは、あの会社が小さい会社だったからってだけなんですね、、、

 

中川龍

そういうことですね!

働き方に限らずなんでもそうですが、「どんな状況でも普遍的にこれが正しい生き方」というものは存在しません。

あらゆる生き方は、置かれている前提条件によって、良いこともあれば、悪いこともあります。

だから、あなたの生き方が絶対に正しいわけではないし、同時にその上司さんの方針が絶対に正しいわけでもないんですよ。

全ては、前提条件で変わるのです。

 

さてでは、ここまでを踏まえて考えたとき、あなたが今とれるアクションは、以下二つのどちらかになるかと思います。

  • 自分がその組織に合わせて、残業をやめる。プライベートを充実させ、幸せに生きる。
  • 転職してもっと小さい会社に行く。そうすることで、自分の働きたいように働ける環境を作る。

これに関しては、別にどちらを選んだって間違いではありません。

あなたが欲するところを成せばいいです。

あなたにとっては、どちらのほうがワクワクしますか?🐻

 

相談者

うーん、、、

ちょっと回答としてずれてしまうんですけど、「プライベートを充実させて幸せに生きる」って、具体的に何をしたらいいかがわからないかもしれません…

 

中川龍

なるほどね!

ってことは、あなたは口では「もっと残業したい」と言ってましたが、実際はそうではなく、

「自分を幸せにするなんてよくわかんないから、だったらこれまで通りにプライベートを犠牲にして残業してがほうが楽だ」

という考えがあっただけなのではないでしょうか?

 

相談者

耳が痛いですが、そうかもしれません😂

 

中川龍

そこ逃げないで、もっとしっかり向き合ってみてはどうですか?

せっかくそんなにホワイトな会社に入ることができたのですから、それをいまさら小さい会社に転職するってのももったいないでしょう。

これを機に「自分のプライベートを充実させる方法」を考えてみてはどうですか?

そしたら、これまでの自分では考えられなかったような「新しい生き方」を見つけることができるかもしれませんよ😊

 

相談者

おおおお、、、!

確かに!

 

中川龍

ちなみに、今ランプの魔神が出てきて「どんな願いも叶えてやる」って言われたら、なにを願いますか?

 

相談者

うーん、、、

旅行とか?

 

中川龍

いいじゃないですか😊

ではまず残業をやめて旅行に行きましょう。

今週末あたりでも、どこでもいいので遊びに行ってみたらどうですか?

さて次の願いは?

 

相談者

うーん、、、

えっとあの、、、ちょっと恥ずかしいんですけど、、、

彼氏が、、、

欲しいかも、、、

 

中川龍

そんな照れながら言わんでください笑

いいじゃないですか😊

では彼氏を作りましょう!

合コンでもバーでもいい、あるいは趣味の社会人サークルのような場所でもいい、なんでもいいので「出会いのありそうな場」に行ってみましょう。

これなら、今週末の金曜にはさっそく行動できるはずです。

さっそく残業をやめて、そういうところに行ってみましょう。

 

相談者

なるほどなるほど。

私、「プライベートを充実させる」ってことを、難しく考えすぎてたかもしれません。

自分では「なにしていいかわかんない」って思ってましたが、こうして考えてみると、いくらでもぽんぽん出てきますね。

 

中川龍

人間ってそういうものです。

あらゆる「できない」は、本当は「する気がないだけ」なんです。

でもそのことを誤魔化すために「できないつもり」になっているだけ。

他にも思いついたことはなんでもやってみましょう😊

今の会社はお給料も良いようですし、多少散財したところでバチは当たらないでしょう。

せっかくだし、たくさん遊んでみましょう。

これまで頑張ってきた分、自分へのご褒美だと思って好きなことをやってみましょう。

己の欲するところを、全て成してみましょう。

 

そうやって繰り返していけば、だんだんと

「これは実際にやってみたら、思ってたほど楽しくなかった」

「これは実際にやってみたら、思ってた通りめっちゃ楽しかった」

というものが見えてきます。

実体験を通すことで、よりどんどん「自分を楽しませるにはどうしたらいいか」が明確になっていきます。

こんな生活を一年も続ければ、その頃のあなたは「自分を楽しませる達人」になっているはずです。

この地点を目指してみましょう。

一年後に「自分を楽しませる達人」になりましょう。

これらが実現すれば一年後のあなたは、プライベートは充実しているし、会社でも最高のパフォーマンスを発揮できる、最高の状態を作れるのではないでしょうか?😊

 

相談者

おおおおおおお!

なんか、とても楽しそうなイメージが湧いてきました!

そっか、、、

私もう少し、上司のいうことを素直に聞けばよかっただけなんですね。

なんでこんな簡単なことに気付かなかったんだろう。

 

中川龍

よかったよかった!

では今回は、そんなあなたの仕事運について占ってみればよいですかね!

 

相談者

お願いします!

 

タロット占い結果

中川龍

こうなりました!

 

f:id:noabooon:20180221171205j:plain

 

お、いい感じかも!

 

現状、支援、障害

  • 現状 正義 「今のあなたは何が正しいか判断しようとしています」
  • 支援 ソード5「あなたを楽にするものは、理不尽なやり方を捨てることです」
  • 障害 ソード7「あなたを辛くするものは、裏切られる可能性に怯えることです」

今のあなたは、何が正しいか、間違っているかで考えようとしていることが多いのかもしれません。

だから自分のやり方に固執してしまう。

でも先ほども言いましたが、そんなものはそもそも無いのです。

何が正しいかなんてのは、前提条件によって変わります。

「普遍的な正しさがあるはずだ」というその考えを捨ててみましょう。

自分のやり方に固執することをやめてみましょう。

 

未来

これらは、今のまま進んだ場合に、一ヶ月後に獲得可能な未来のいくつかを示しています。

あなたにとって望ましい未来があったなら、ぜひ「それを得るにはどうすればいいか」を考えてみてください。

あなたにとって望ましくない未来があったなら、「どうすればこれを回避できるか」を考えてみてください。

未来は、あなたの意思と願いによって決定されることを忘れずに!

 

  • 未来1 カップ9「幸せに包まれる」
  • 未来2 ペンタクル 10「大組織のなかで栄華を極める」
  • 未来3 ソード4「ゆっくり休養する」

どれもめっちゃいい感じじゃないですか✨

カップ9はまさに、今あなたが「新しく獲得しようとしているもの」です。

ペンタクル 10は、今の会社の中でどんどん自分のあり方を見つけられるということかもしれません。

ソード4はこれまでのあなたに不足していたものですね笑

「自分を楽しませる方法」の一つに、とくに何かをするわけでもなく、ただただのんびり休むことなんてのも、選択肢に入れてみるといいかもしれません。

 

対策、変化

  • 対策 ワンド6 「皆の中心になってみましょう」
  • 変化 ペンタクル 9「するとあなたは富を掴むことができます」

対策には思わぬカードが出ましたね。

これまでのあなたは「この職場では」「私のやり方が評価されない」と考えていたかもしれませんが、今のあなたは自分を幸せにすればいいだけだと気付くことができました。

というわけでこれからは、「私もみんなと仲良くやってけるはずだ」という前提で、率先してみんなを率いるポジションを狙ってみるといいかもしれません。

そうすることで、何か思わぬ変化を得られるかもしれませんよ😊

 

相談者

おおおおおおお!

未来がどれもいい感じで、よかったです😊

安心しました!

お話に来る前は「プライベート充実させるなんて絶対無理!」って思ってたんですが、お話してる間にすんなり受け入れられるようになったし、タロットさんにもゴリゴリに肯定してもらえて、なんだか嬉しいです笑

ひとまず自分を楽しませる達人を目指して、楽しんでやってこうと思います😄

対策のカードは、、、

実は今、あるプロジェクトのチームリーダーを任されそうになってるんです。

それのことかなと、ドキッとしました。

でもおっしゃる通り、私はこの会社ではみんなに受け入れてもらえないと思い込んでいたので、このお話は断ろうと思っていたんですが、、、

やっぱり、やってみようかな。

 

中川龍

お、いいじゃんいいじゃん!

ぜひやってみましょう!

あらゆることは、やってから考えればいいですよ😊

やる前からあーだこーだ考えても時間の無駄です。

どうせやってみれば、思ってたようなことは何も起きないので、どんどんやってみましょう!

 

相談者

ありがとうございます!

明日、上司に話してみます!

 

中川龍

ファイトですー!

 

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250

 
5時に帰るドイツ人、5時から頑張る日本人 ドイツに27年住んでわかった定時に帰る仕事術 (SB新書)

5時に帰るドイツ人、5時から頑張る日本人 ドイツに27年住んでわかった定時に帰る仕事術 (SB新書)

 
最高のチームに変わる「仕組み」のつくり方

最高のチームに変わる「仕組み」のつくり方

 

 

おしまい!

読んでくれてどうもありがとう😊