スポンサードリンク

「鏡リュウジの実践タロット・リーディング もっと深く占うための78枚」を読みました!【読書感想】

f:id:noabooon:20180307175616j:plain

 

 

こんにちわ!

中川龍です!

 

「鏡リュウジの実践タロット・リーディング もっと深く占うための78枚」

という本を読みました😎

 

鏡リュウジの実践タロット・リーディングはどんな本?

占星術研究家として日本で一番有名な、鏡リュウジさんの本です。

前作の「タロットの秘密」は、タロットの歴史や背景部分の説明がメインでしたが、今回は

「実際に占うときはどうしたらええんかねー🤤」

みたいなところを、書いてくれています。

 

といっても、普通の初心者向けタロット解説書とはまったく違います。

 

普通のタロット解説書は「実践」というワードがついた場合、以下のような内容が中心になります。

  • こういう相談者がきたときは、こういうスプレッドで占いましょー✨
  • こういう感じでカードが出たときは、こう解釈しましょー✨

 

しかし、このような解説は、実践の際にはなんの役にも立たないことが多いです。

なぜなら、しょせんそれは「その本を書いた人にとってはやりやすいやり方」に過ぎず、そもそも万人に適したやり方なんてものは存在しないからです。

 

対して、「鏡リュウジ版実践タロットリーディング」では、そういう安っぽい「実践の手引き」みたいなのは一切書かれていません。

 

その代わりに

  • 鏡リュウジは、各カードの意味として、どういうことをベースの知識にしているか
  • 鏡リュウジは、こういう相談でこういうカードがでたら、どう解釈したか

っといったことが書かれています。

 

「この本に書かれている内容は、あくまでも一つのサンプルにすぎない」

というスタンスで書かれているわけですね😊

 

この本は、「この場所にこのカードが出たらこういう予言だ」というようなスタイルはとりません。

むしろ、この本にあるのは、ぼく自身がカードに突き動かされイメージを費消させた、その軌跡のようなものです。

それにあなたが従う必要はありません。

しかし、そのイメージの深まり、広がりを一つのサンプルとして、あなた自身がカードと対話し、あなた自身のカードのイメージを育み、あなた自身のタロットの世界をつくりあげていただく一助としていただきたいのです。

そしてそれこそが最高のタロットの「実践」マニュアルだと、ぼくは信じています。

by「はじめに」より

 

「鏡リュウジの実践タロット・リーディング」はどんな人におすすめ?

もしここまでを読んで、「おもしろそうだ!」と思った人は、ぜひこの本を読んでみてください。

あなたの思っている通り、めっちゃおもしろいです😍

  • ふえええ、鏡さんてこういう前提をもとにカードを解釈してるんだ!
  • ふええええ、このカードにはこういう背景があったんだ!

みたいな驚きに満ちてますよ😊

 

その逆にここまでを読んで「意味わからん」と思った人には、ちょっとまだこの本は早いかも、、、😢

そういう人はまず根本的に「タロットとは何か?」ってところが理解できていない可能性が高いので、まずはタロットの歴史を勉強してみたほうがいいかなぁぁぁぁぁ。

 

鏡さんの前作、「タロットの秘密」はわかりやすいからおすすめだよ!

 

タロットの秘密 (講談社現代新書)

タロットの秘密 (講談社現代新書)

 

 

「鏡リュウジの実践タロット・リーディング」を読んだ感想

読んだ感想は、「なるほどなるほど😳の連続」でした。

とくに後半の「スプレッド紹介」で紹介されてた、グランドスタースプレッド・天球スプレッド・ユンギアンタロットなんかは、そういうスプレッドがあること自体は知ってたものの、「こんなんどうやってリーディングすればええねん!」って思ってたところだったので、すごい参考になりました笑笑

 

鏡リュウジの実践タロット・リーディング もっと深く占うための78枚

鏡リュウジの実践タロット・リーディング もっと深く占うための78枚

 

 

というわけで、一般的なタロット解説書に限界を感じた人は、ぜひ「鏡リュウジの実践タロット」を読んでみてください😎

きっと何か新しいひらめきをゲットできるよ!

 

おしまい!

読んでくれてどうもありがとう😊