スポンサードリンク

「カウンセラーとして独立したいんですが、どういう方向性に舵を切ろうか決まらなくて…」「あなたは何者なのですか?それを掘り返しましょう😎」

f:id:noabooon:20180330193401j:plain

 

とある相談者とのやりとり😊

 

 

相談内容

相談者 

心理カウンセラーになりたくて勉強中なんですが、企業に所属するんじゃなくて、個人で独立してやりたいって思ってるんです😢

ただ、どうも自分一人では思考がまとまらなくて、相談にきました!

 

ヒアリング

中川龍 

ほいほい!

なるほど!

では一緒に考えていきましょうか😊

まずご自身では、ひとまずどういう感じで進めてこうと考えてるんですか?

 

相談者 

うーん、なんかこう、イメージとしては、

  • 40代
  • 男性
  • 中間管理職
  • 仕事について悩みを抱えてても、中間管理職なので「同じ目線」で相談にのってくれる相手がいない
  • だから話すことで心の整理したい

みたいなことを考えてる人向けに?

一緒に心を整理していくようなカウンセラーになりたいかなぁ、みたいなことをくぼんやり考えてましたが…

どうも具体的なところがにつまらないんですよね。。。

 

中川龍 

ほむほむ。

具体的なところがにつまらないとのことでしたが、そもそも自分自身は、そういう人を対象とした仕事に「熱意が湧く理由」があるんですか?

 

相談者 

へ?😳 

 

中川龍 

え笑 

 

相談者 

熱意が湧く、、、理由?

 

中川龍 

おお、なるほど!

でも、その反応でだいたいわかりました。

おそらく今のあなたは、そもそも「40代、男性、中間管理職」の人たちに、そんなに興味がないのではありませんか?

 

相談者

確かに、、、

私はまわりも「自営業者の友達」が多いですし、会社員男性の相談は、これまでの人生であんまり聞いたことないですね、、、

 

中川龍

だったら、なんでその人達を対象に商売しようと考えてるんですか笑

 

相談者

言われてみると確かに笑笑

なんかこう、私の中の「カウンセラーっていったら、こういう感じだよね」ってイメージに縛られて考えてたかもしれません。。。

  

中川龍

そんなの縛られるのはやめましょう!😊

一般的なイメージは、いったん捨ててください。

他人ではなく、あなたを起点に考えていきましょう。

 

相談者 

私を起点に考える…?

 

中川龍 

そうです。

基本的に、個人で稼ぎたいなら、「自分の強み」を中心に組み立てたほうがいいです。

なぜなら個人で稼ぐ場合、リソースが限られているので、全方位に対して満足してもらえるような何かは作り難いのです。

だから、「自分」を起点に考えたほうがいいのです。

というわけで、ここからは一緒に「あなたの強み」を探してみましょう!

 

相談者

は、はい!

 

中川龍

「自分の強み」を見つけるためにもっとも簡単な方法は、過去を振り返ることです。

 

あなたが経験したことは、全てあなたの強みです。

例えば、あなたの職歴はなんですか?

それを全て書き出してください。

できたら、それは全てあなたの強みです。

 

もしあなたがデザイナー経験があるなら、デザイナーの悩み相談には応えられるはずです。

あるいはマクドナルドでのバイト経験があるなら、飲食店アルバイトをしている人からの相談は受けやすいはずです。

 

あなたは今、こう思ったかもしれません。

「私よりすごい人はいくらでもいる」

「私と同じくらいのことができる人はいくらでもいる」

 

しかしそれは、価値の本質をわかっていない浅はかな考え方です。

価値とは、万人に共通の絶対的な基準が存在するのではなく、「他者との差」によって生まれます。

だから、あなたの経験が全体からすれば「大したことのない経験」だったとしても、あなた以下の誰かからすればそれは「価値ある経験」なのです。

あなたがどんな段階だったとしても、「あなたより下の人」は必ず存在します。

あなたがデザイナー3年目なら、デザイナー1年目の相談にはのれるでしょう。

あなたがデザイナー1年目なら、これからデザイナー志望の人の相談にはのれるでしょう。

 

相談者

な、なるほどーーーーーー😳

でも先生、私じつはスーパーとかコンビニのバイトみたいなのしか、したことないんですが、、、

そのロジックだと、私はバイトの人向けのカウンセラーになればいいってことですかね、、、?

 

中川龍

いや、それはもう少し発想を広げてください笑

そもそも、なぜあなたは「バイトしかしたことがなかった」のでしょうか?

その原因を掘り下げて考えてみてください。

 

例えば、僕が過去に相談にのった人で、「ニート」の人がいました。

というわけで、「その人がなぜニートになったのか?」を掘り返してもらいました。

すると、「大学卒業後、ブラック企業で酷使された経験があった」「だからそれ以来すっかりニートになってしまった」という経緯が出てきました。

だから僕は、彼女にこう言いました

 

そういうことでしたら、あなたの場合は、

今まだブラック企業で酷使されていて、本当は「辞めたい」って思ってるのに、でも辞めちゃいけないと思い込んでる人や、がんばらなきゃいけないと思い込んでる人たちに向けて、

「あなたは辞めていいんだ。辞めたって大丈夫なんだ、もうがんばらなくていいんだ、楽になっていいんだ」

みたいなメッセージを投げかけることができるのではありませんか?

 

実際、その人はニートになりはしたものの、まだ生きています。

なんやかんやで、死んでません。

人生なんとでもなっています。

だったら、同じことをみんなに伝えてあげればいいのです。 

 

こんなふうに考えていくと、自分の過去ってのは、あらゆる全てが自分の強みになるんですよ😊

 

同じロジックを応用して考えていけば、もしあなたが「恋愛で都合のいい女になることが多かった」というなら、同じような「都合いい女になってばかりで困っている誰か」の相談には応えやすいはずです。

あるいはあなたが「毒親に育てられて困っていた」というなら、同じような毒親に疲弊している誰かには助言ができるはずです。

 

「自分の顧客は、常に過去の自分」と考えてください。

今のあなたがどれだけまだ大したことのない存在だったとしても、少なくとも1年前の自分、3年前の自分、5年前の自分、10年前の自分が対象であれば、言えることが何もないということはないはずです。

何かしらの「言えること」はあるはずです。

自分の強みを見つけるときは、こんな風に考えてみてください😎✨

 

相談者 

うおおおおおおお!

なるほど!

なるほど!

すごいです!

そんなの発想にありませんでした!!!!!!

 

中川龍 

笑笑

ありがとうございます笑

なんか、いいの浮かびましたかー? 

 

相談者 

その話を聞いて思い出しましたが、私も実は「ものすごい毒親」に育てられた過去があるんです、、、

あんまり人のせいにしてもよくないんですが、だから人生ぷらぷらしてしまい、ずっとバイトしかできなかった側面もあります、、、

だから、今現在、毒親に悩んでる人たち向けてであれば、私もいろんなメッセージを投げかけることができると思います!

 

中川龍

おおおおお!

めっちゃいい感じじゃないですか!

 

相談者

私自身そうだったんですが、毒親に悩んでるときって、「そんな親からはしっかり離れたほうがいい」って考える自分もいるんですが、同時に「親を見捨てるなんて道徳的によくないことなんじゃないか」とか、「私はとても冷酷な人間なんじゃないか」みたいな、罪悪感にとらわれちゃうんです、、、

だから、離れることをなかなか決断できないんですよね、、、

そういう人たちを対象にするのであれば、

「マジでさっさと離れたほうがいい!」

「離れてから人生ウルトラハッピーだよ!」

って自信をもって言えます!

私自身、そうだったので、、、笑

 

中川龍

お!!!

その「罪悪感」ってワードはいいですね!

それこそまさに、「実際にそういう体験を通したからこそ出てくる言葉」って感じがします。

 

それは、あなたでなければ出てこない言葉なんです。

僕が今から「毒親の悩み相談専門の占い師」に転向しようとしても、僕にはそういう体験がないので、そこまで想像できないんですよ。

だから「罪悪感」ってワードは発想にも出てこないんですよ。

その言葉は、あなただからこそ出て来た言葉です。

そういう「自分だからこそ出てくるもの」をどんどん広げてってください😊✨

そうすれば、自分の道を作ることができますよ!

 

相談者

ありがとうございます!

がんばります!!!!!!!

 

中川龍

それでは今回は、あなたのこの活動の今後について占えばよろしいですか?

 

相談者

うーん!

占いは、もういいです😊

気分すっきりしたので、この勢いでがんばります😊

 

中川龍

ちょ笑

まぁでも、元気になってくれたならよかったです😎

その調子でどんどこ進んじゃってください✨

 

相談者

ありがとうございます!

がんばります!

 

人生を好転させるたった2つのこと 「自分には何もない」と思った時に読む本 (角川フォレスタ)

人生を好転させるたった2つのこと 「自分には何もない」と思った時に読む本 (角川フォレスタ)

 

 

おしまい!

読んでくれてどうもありがとう😎✨