中川龍のタロット占い!

縛られるな。囚われるな、あなたに限界は存在しない。

スポンサードリンク

タロット占いで「彼の気持ち」「相手の気持ち」を占うのは何故『意味が無い』か?

f:id:noabooon:20160907042751j:plain

 

 

僕はタロット占い屋をしているので、

『彼にどんな印象を持たれてますか?』

『彼の気持ちを占ってください><』

みたいな質問をもらうことがよくあります。

 

でもこれは、ケースにもよりますが、基本的には占わないほうがいいです。

だからうちにこういう相談がきたときは、『占いの問い』を変えてもらってます。

 

なぜ、「彼の気持ち」「相手の気持ち」は占わないほうが良いか?

1そもそも「相手の気持ちが重要だ」と考えているその判断が、間違っているから

心理カウンセリングの基本的な考え方として、

 

全ての問題は、他人の問題として考えているうちは解決しない。

その問題を自分の問題として捉えることができたとき、人は初めて「解決」することができる

ってのがあります。

 

例えば、職場でまじめにやってくれないAさんがいるとします。

このとき、人生がうまくいかない人は、「悪いのはAさんだ」「問題はAさんにある」「だから変わるべきはAさんだ」と考えますが、どれだけそう思ったところでAさんが実際にそのように変わってくれるとは限りません。

むしろ他人は自分の思い通りにならないほうがほとんどなので、このように考えている限りは永遠に解決しないでしょう。

 

ここで人生がうまくいく人は、「悪いのはAさんかもしれないけど、でもそれに対して私ができることも何かあったはずだ」と考えます。

だから以下のように思考が続きます。

「そもそもAさんはどうしてまじめにやろうとしないんだろう?

モチベーションがないから?

ではどうしてモチベーションがなくなったんだろう?

ストレスがたまってるから?

ではそのストレスを軽減するようなことを私がしてあげれば、Aさんもまじめにやってくれるようになるかもしれない。

では今度、食事にでも誘ってみてあげようかな」

すると結果的に、「解決」まで進みやすいのです。

 

これは恋愛においても同じです。

恋愛がうまくいかない人は、「相手にどう思われているかが重要だ」「彼の気持ちが重要だ」「それが全てだ」と考えます。

こういう考え方だと、「彼に嫌われたらそこで終わり」ということになるので、ちょっとうまくいかない瞬間があると、それだけで簡単に関係が壊れてしまいます。

 

しかし恋愛がうまくいきやすい人は、「相手にどう思われていようが、それに対してそもそも私はどうしたいのか、そしてそれを実現するために私ができることはなんだろう?」と考えます。

だから、嫌われているなら、「その印象を変えるためにこんなアクションをしてみよう」と考えることができます。

こういう行動の積み重ねが、「願いを実現する可能性」を高めていきます。

 

このように、問題を「自分の問題」として捉えることができる人は、恋愛だろうと仕事だろうと人生の全てがうまくいきやすくなります。

問題を「他人の問題」して捉える人は、恋愛だろうと仕事だろうと人生の全てがうまくいきづらくなります。

 

そういう観点で考えたとき

「彼の気持ち」「相手の気持ち」を占いたいと考える人は、

そもそもそこを占いに聞きたいと考えている時点で、

その恋はうまくいきづらいであろうと考えられる

のです。

 

2そもそも、占っても意味がない。 彼の気持ちを占って良い印象だったとしても、彼とうまくいくとは限らない

彼の気持ちを占ったとします。

いい結果が出たとします。

一時的には嬉しいかもしれませんね。

心が安心するかもしれませんね。

 

でも、彼が仕事か何かでしばらく忙しければ、

『良い印象なのに進展しない』

という可能性もあるでしょう。

 

あるいはあなたがビビってグズグズしてれば、

その間に、彼に他に彼女ができちゃうかもしれません。

結局、どんなに良い印象だったとしても、

それを活かせなければ、何の意味もないのです。

 

その逆に、彼の気持ちを占って、悪い印象だったとしても、それで終わるわけではありません。

それは一時的には悲しいし、ショックかもしれません。

でも、そんなのこれからの接し方次第で、

いくらでも逆転できるかもしれません。

つまり僕が言いたいことは、結局これって、占い結果が良かろうが悪かろうが「じゃあこれからどうしようか?」ってのがまるで見えてこないのです。

 

3彼の気持ちとは、恋愛においてそれほど重要な要素ではない

「現時点で相手があなたのことをどう見ているか?」というのは、恋愛を決定する要素の一つではあるものの、それだけで全てが決まるわけではありません。

ということはそこを占っても、あなたの「彼と恋愛関係になりたい」という目標を前進させることはできない可能性が高いのです(´・ω・`)

 

では、どう占えば良いか?

占いをするときは、

「自分にできること」を見つけるような問い方にしてみましょう

 

「彼は私のことどう思ってますか?」

ではなく

 

「私は彼と進展したいけれども、

 そのために私が今すべきことは何ですか?」

みたいな感じで占いましょう。

これだったら、あらゆる可能性を拾うことができます。

 

主体性をもちましょう。

あなたの人生を変えるのは、「あなたの行動」次第です。

けして「彼の気持ち」次第ではないのです。

 

考えるべきことは

「彼があなたを愛してくれるか?」ではなく、「あなたが彼を惚れさせれるかどうか?」です。

こんなふうに、全ての物事に対して、「他人の問題」ではなく、「自分の問題」として考えるようにしましょう。

そういう勇気を発揮することで、人は初めて「真の希望」を見出すことができます。

 

仕事において、「お客様がこの商品を買ってくれるか気になって夜も眠れません」なんて悩む人はいませんよね?

そんなに買ってほしいなら、「買ってもらえるように努力しろよ」って話ですよね。

だったら恋愛だって同じはずです。

 

彼の気持ちを占ってくれる占い師は、あなたを依存させようとしているかも?

ちなみに余談ですが、占い師の中には、あなたに言われた通りにほいほいと「彼の気持ち」を占ってくれる人も多いです。

どうして多いかって?

 

そのほうが、儲かるからです。

 

彼はどう思ってますか?と聞く人は、けして事実が知りたいわけではなく、「彼もあなたのこと少し気になってるよ☆」と言って欲しいだけな場合が多いです。

つまり、事実を認識したいのではなく、とにかく安心したいだけってことですね。

 

このことを理解していれば、占い師としてはやることは簡単です。

「相手が言って欲しそうなこと」を言ってあげればいいんです。

 

そうすればそのお客さんは、占い師に依存してくれます。

「安心が欲しくなったとき」、またその占い師にお金を払ってくれます。

とっても儲かります。

こうして、占い依存症のお客さんが生まれます。

 

でも僕はこういう構図を生み出すのは好きじゃないので、

質問を変えさせてもらってます。

そんな偽りの安心を生んでも、何の意味もないでしょ。

  

彼の気持ちを占いたくなったら、少し休もう。

そういえばクライアントからよく聞く話の一つに、

「ついつい無料占いとかで、良い結果が出るまで彼の気持ちを占いまくっちゃいました…」

みたいな話がありますが、こういう時は、とりあえず少し休んだ方がいいです。

疲れてるんですよ。

人間、気力がなくなると「自力で解決しよう」という発想が出てこなくなります。

そういう時、ついつい「他力によって解決したい」という心理が働き、その結果「占いに希望をもらおう」という心が生まれます。

でもそんなことしてても、あなたの心がさらにすり減るだけです。

というわけで、休みましょう。

少しリフレッシュしましょう。

そうすれば気力が回復します。

そうすれば占いに希望をもらうのではなく、自分の行動によって希望を掴み取ろうという発想が湧いてくる。

そのほうが、きっとあなたの人生がより良い方向に進みます。

 

まとめ

  1. タロット占いで「彼の気持ち」を占うのはやめましょう。
  2. 「彼の気持ち」とは恋愛を決定する1要素ではあるものの、全てではないです。
  3. 以上から「彼の気持ち」ではなく、「自分はどうすべきか?」を占うようにしてみましょう。

ってことですね!

おしまい!

 

ちなみに、物事に対して「主体的な考え方」ができるようになりたい人は、以下の書籍がおすすめなので読んでみてください。

 

毎朝1分読むだけ、主体性の教科書。自発的、能動的、自然性、そういった状態を習慣化する本。 10分で読めるシリーズ
 

 

おしまい!