中川龍のタロット占い!

縛られるな。囚われるな、あなたに限界は存在しない。

スポンサードリンク

タロットカード18「月」の意味。 恋愛・仕事での解釈例。

f:id:noabooon:20170906213459j:plain

 

 

月のキーワード

ポジティブな意味

とくになし

 

ネガティブな意味

不安、恐れ、迷い、躊躇、錯覚、戸惑い

 

エレメント

 

月のキーワード解説

このカードでは、夜空に輝く月と、川辺から這い出したザリガニが描かれています。

ザリガニの正面には、一本の道が示されています。

このザリガニは、この道を進むか、それともまた川に戻るか、まだ決めかねているようです。

 

電球が発明されてから、我々はもう長いこと、本物の闇を見たことがありません。

しかし昔は違います。

大昔は電灯など無かったので、夜になると世界は真の闇に包まれていました。

太陽が落ちてから外を出歩いていると、どこからか野犬や狼の鳴き声が聞こえてきます。

それは遠いようで近くも感じる。 

全てが闇に包まれているので、実態はどこにあるのか全くわからない。わかりようもない。

そんな中、夜空にぼんやりと輝く月は、とても恐ろしげな存在に見えたことでしょう。 

こういった背景から、このカードは「不安」を意味するカードだと言われています。

 

月星は夜の意識。太陽は昼の意識。

後ほど「太陽」のページでも解説しますが、18世紀オカルト界隈では「昼の意識」「夜の意識」という考え方がありました。

昼の意識は、明確で、理性的なものです。

夜の意識は、あいまいで、感情的なものです。

これらはどちらかが良い悪いというものではなく、どちらも必要なものです。

しかし、あいまいで、感情的な認識が、ネガティブな方向に強く働き過ぎれば、人はいつまでも立ち止まり、動けなくなってしまいます。

そういったときは、一度じっくりと心を落ち着かせ、冷静に状況を分析する必要があるでしょう。

 

月のリーディング例

このカードが出た時、相談者は「不安」「恐怖心」等に心を支配され、立ち止まってしまいます。

例えば恋愛について占っているなら、「振られるかもしれない」という不安がよぎり、告白をためらうのかもしれません。

仕事について占っているなら、「こんなことをしても意味があるのだろうか」と不安になり、行おうとしていた計画を中止してしまうかもしれません。

 

その他のカード解説

0「愚者」の意味

1「魔術師」の意味

2「女教皇」の意味

3「女帝」の意味

4「皇帝」の意味

5「法皇」の意味

6「恋人たち」の意味

7「戦車」の意味

8「力」の意味

9「隠者」の意味

10「運命の輪」の意味

11「正義」の意味 

12「吊るされた男」の意味

13「死神」の意味

14「節制」の意味

15「悪魔」の意味

16「塔」の意味

17「星」の意味 

18「月」の意味

19「太陽」の意味

20「審判」の意味

21「世界」の意味

小アルカナ「ワンド」の意味

小アルカナ「ソード」の意味

小アルカナ「カップ」の意味

小アルカナ「ペンタクル」の意味