東京・渋谷タロット占い「中川龍のブログ!」

あなたも、もっと自由になれる!

スポンサードリンク

「愛の物語が幕を閉じたときは、そっとつまさき立って抜け出すこと」byココシャネル

f:id:noabooon:20180207164524j:plain

 

 

最近、復縁相談を受けることが多いのですが、その人たちみんなに紹介している記事があります。

それがこちら!

 

tabi-labo.com

愛する人に「別れ」を切り出されたら、

もしくは、切り出されそうな気配を感じたら。

あなたはどうする?

 

・シャネルの「別れの美学」

晩年のココ・シャネルのもとには、多くの女性たちが恋愛相談に訪れたそう。

アラン・ドロンとの恋に悩んでいた女優のロミー・シュナイダーもそのひとり。

彼女が「最近、ほったらかしにされているみたい」と打ち明けると、シャネルはこう言いました。

 

愛の物語が

幕を閉じたときは、

そっと つまさき立って

抜け出すこと。

 

シャネルは、すぐさま「別れる」ことをすすめたのだそう。

気持ちの離れた恋人を追いかけること、それは女をみじめにするだけではなく、「自尊心」までも失ってしまう愚行だと彼女は考えていたから。

 

・「引き際を美しく」

これは、恋愛が終わるとき、彼女が一番に意識していたこと。

あらゆる検査の結果、自分は子どもが持てないとわかると、愛していたウェストミンスター公爵のもとから潔く立ち去ります。

彼には、後継ぎが必要だったからです。

シャネルは、彼がほしいものを手にいれることが、自分のなによりもの望みだと思っていたんですね。

そのとき、彼女はこんな言葉を残していました。

  

私はいつも、

いつ立ち去るべきかを

知っていた。

 

大好きな人とのお別れ、そんなのは悲しいに決まってる。

自分の「幸せ」そのものだから。

でも、本当に愛する人の気持ちは、やっぱりいつでも尊重したい。

たとえばそれが、自分への愛の終わりだとしてもね。

でも簡単なことじゃない、くるしくてくるしくて、死んじゃいそうになるでしょう。

それをぐっと飲み込み、大きな愛を持ちながら去ることが、大きな「自尊心」に変わるのかもしれないな。

 

ココシャネルさんは、恋人の自分に対する気持ちが「冷めた」と感じたときは必ず、自ら別れたそうです。

なぜなら、気持ちの離れた恋人を追いかけることは、女をみじめにする行為だし、そして自尊心までも失ってしまう行為だから…

一見厳しく聞こえるかもしれませんが、でも実際その通りなんですよね。

 

そう、復縁したい復縁したいとぼやいている姿は、単純にみじめなんですよ。

そしてみじめということは、あなたの魅力がどんどん下がっていくということです。

あなたがどんどんみじめになっていく姿を見て、その元彼さんはあなたを再評価するでしょうか?

「やはり俺に必要だったのは君だ!」なんて思うでしょうか?

 

…そう、思うわけがないのです。

あなたがみじめになればなるほど、あなたの評価はどんどん下がっていく。

それだけなのです。

 

だからこういうときは、いったん手放したほうがいいのです。

自分のほうから、潔く、立ち去っていく…

辛いかもしれませんが、そのほうが「気高く」見えます。

そして気高く見えるなら、結果的には「再評価してもらえる可能性」も高まるかもしれません。

 

矛盾するように聞こえるかもしれませんが、「復縁したい」と願えば願うほどに、あなたが復縁できる可能性は遠のくんです。

その逆に、「復縁したい心」を捨てれば捨てるほどに、そのときのあなたは気高く見えるので、「再評価される可能性」をつかみとることができるのです。

 

だから、もしこれを読んでいるあなたが「どうしても復縁したい誰か」がいるなら、ぜひともまずは、その執着心を捨ててください。 

それは、終わりってことではないのです。

むしろそこからが、真の物語の始まりなのです。

 

ココシャネルさんは人生の全てにおいて、何よりも「自分で自分を誇れるかどうか」を重んじていたそうです。

彼女はいつでも気高くあろうとしていました。

重要なのは、「誰に愛されているか」よりも、「自分で自分を愛せるかどうか」でした。

今、復縁に苦しんでいる人は、ぜひココシャネルさんのそのような生き方を吸収してみてください🐻🔥

 

とはいえ、人間の心は不自由なので、それでもどうしても

「なかなか執着心が捨てられないよおおおおおお😢」

ってなっちゃう人も多いかもしれません。

 

そういう人は、ぜひ僕のところに相談しにきてください😎

あなたの適正に合わせた、あなたなりの「執着心の捨て方」を一緒に考えます!

任せとけ! 

 

ココ・シャネルの言葉 (だいわ文庫)

ココ・シャネルの言葉 (だいわ文庫)

 

 

おしまい!

読んでくれてどうもありがとう!