中川龍のタロット占い!

縛られるな。囚われるな、あなたに限界は存在しない。

スポンサードリンク

「不安になる」のは、不安になりたい自分がいるから

f:id:noabooon:20180214225154j:plain

 

 

こんにちわ😊

渋谷のタロット占い屋、中川龍です。

 

占いにくる人は、

「不安だー!」

って頭抱えてやってくる人が多いです。

 

しかし実は、この中には二つのタイプがいます。

  1. 本当に不安な状況にあるから、不安になる人。
  2. 状況そのものはまったく不安を感じるような状況ではないのだけれども、自分の中の勝手な思い込みによって不安になってる人。

 

不安っていうと、誰しも「不安な状況にあるから不安になるんだ」と思いがちですが、実はそうでもありません。

実際はまったく不安な状況なんかないのに、その中でわざわざネガティブな解釈をしたり、悪い方向に考えることで、

「無理やり不安を作ってる人」

ってのが、世の中には一定数存在します。

 

例えばつい先日紹介した、こちらの記事の方もそうでした。

 

www.dshocker.com

 

なぜ不安を作ってしまうのか?

ではこういう人達は、なぜわざわざ自分で「不安」を作ってしまうのでしょう。

それは「安心するため」です。

彼らは、「安心するために不安になってる」のです。

 

ちょっと何言ってるかわけわかんないかもしれませんね笑

でもそういうことはあるのです。

人間て不思議なもので、不安なほうが安心する場合があります。

 

「安心するために不安になる」とはどういうことか?

例えば上記の鑑定例の方は、こんなロジックが脳内にありました。

 

  • 小さい頃、両親が離婚して、ある日突然、お父さんがいなくなってしまった。
  • 小さいころの自分にとって、お父さんがある日急にいなくなったのはちょー悲しい出来事だった。
  • 悲しすぎて悲しすぎて悲しすぎて、そのままでは心が耐えられなかった。
  • だから、自分の心の中に「男は裏切るものだ」という世界観を作った。
  • 「この世界はそういうものだ」と信じていれば、お父さんがいなくなったことに対しても「仕方ない」と解釈することができる。小さい頃の自分にとっては、自分の心を守るために、そういう信仰が必要だった。
  • しかしこの信仰を守っていくためには、以後も「男は裏切るものだ」と確信できる根拠が必要である。
  • だから、大人になって恋人ができた時、いつもいつも「その人が自分を裏切るかもしれない理由」を探していた。 

 

ようするにまとめると、

  • 彼女はお父さんを失った悲しみからこれからも逃げ続けるために「男は裏切るものだ」という信仰を守る必要があって、
  • そのために「その信仰を肯定できる根拠」をずっと探していて、
  • だから大人になってから彼氏に対しても「きっと裏切るに違いない」という情報を求め探し、不安になっていた。
  • そうやって「恋愛に対して不安になること」で、同時に「自分の信じる世界観が肯定されて安心している自分がいた」

 ってことですね。

 

人はこんなふうに、自分の信仰を守るために、

わざわざ自分を傷つけてしまうことがあるのです。

 

不安から抜け出すにはどうしたらいいか?

では、こんなふうに「自ら望んで不安になってる人」が、そういう自分を変えるにはどうしたらいいでしょうか?

それは、「不安を望む原因」を特定し、その原因に対して説得することです。

まずは、自分の中にどういうロジックがあって「不安を望むのか」を明確にする。

そこらへんを、自分の心に問う。

次にその「不安を望む自分」に対して、根気強く説得します。

 

例えば上記の例でしたら、

私はもう、子供じゃない。

私はもう、小さい頃の無力な自分ではない。

私はもう、「お父さんを失った悲しみ」をあの頃よりはもう少し、しっかりと受け止めることができるはず。

私にはもう、「男はみんな裏切る」なんて信仰は必要ないんだよ。

私はもう、そんな思い込みを作らなくても、大丈夫なんだ。

みたいなことを、自分に言い聞かせます。

 

ようするに、「今の自分には悲しみを受け止められるだけの力がある」ということをしっかりと自覚させるってことです。

このことを心から納得できるようになれば、いちいちそのような信仰を作って「心を守る必要性」がなくなります。

すると無理をしなくても自然と、「不安を探す自分」を抜け出すことができるようになり、その結果「恋人を信じられる自分」になることができます。

 

あとは単純に「解釈の仕方のバリエーションを増やす」ってのも有効です。

不安になっちゃう人は、「不安になっちゃうような解釈の仕方」しか知らないから、不安になるのです。

そこで色んな本を読んだり、色んな人の意見を聞いたりして、「別の捉え方」「別の考え方」「別の解釈の仕方」のバリエーションを増やすわけです。

 

これはつまり、「自分の解釈が全てではないと知る」ということです。

それだけでも、だいぶ違うものですよ😊

 

以下おすすめの本を何冊か紹介するので、不安になりがちな人はぜひ読んでみてください✨

 

「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法

「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法

 
?理由のない不安?を一瞬で消す方法

?理由のない不安?を一瞬で消す方法

 
心配事の9割は起こらない―――減らす、手放す、忘れる「禅の教え」 三笠書房 電子書籍
 

 

おしまい!

読んでくれてどうもありがとう😊