中川龍のタロット占い!

縛られるな。囚われるな、あなたに限界は存在しない。

スポンサードリンク

「継続できない」「続かない」「頭ではわかってるのにできない」というときは、仕組みを見直そう😎✨

f:id:noabooon:20180707174912j:plain

 

こんにちわ!

渋谷のタロット占い屋、中川龍です。

 

今日は、「継続する力」についてのお話です。

 

何かを継続したい。

だけど継続できない。

続かない。

頭では「それをしなきゃ」と思ってるのに、できない。 

…そんなときって、実は「仕組み、あるいは環境を整えていないこと」が原因だったりします。

 

例えば、「筋トレを続けたい」と思うなら、「絶対やるぞ」と決意するのではなく、そんな風にがんばらなくても自然とできちゃうくらいに、筋トレを続けやすい環境を構築するほうが大事です。

僕の場合は、「テーブルの上にダンベルを一つ置いておく」ってのをやってます。

するとこれだけでも、なんとなくひまなときに、それを持ち上げて、ダンベル運動をする習慣が身につきます。

 

でも、ダンベルが「机の上」ではなく、床に置いてあったらどうでしょう。

この場合は、ダンベルで運動するためには、「一度しゃがんでダンベルを拾う」というアクションを挟まないといけないので、自分自身で「それをするぞ」と決意しなければ、ダンベルで運動することができません。

するとこれでは、筋トレが続かない可能性が高いでしょう。

こんなふうに、「ダンベルがどこにおいてあるか」というだけで、継続率がまったく変わってきます。

 

「仕組みを工夫する」ってのは、こういうことです。

 

少し話は変わりますが、最近よく同業者の方から「ブログを続けられない」みたいな相談をもらいます。

これも同じです。

こういう人は、意志の力が弱いとかそういうことじゃなくて、もっと単純に「ブログを書きやすい環境を整えていない」ことが多いです。

 

どこがって言われると、それは人によって様々ですが、、、

 

例えばブログを書くときのツール。

僕は最新のMacを使っています。だから動作が早いです。さくさく書けます。

しかし続かない人は、「動作がめちゃくちゃ遅い5年前のWindows」を使っていたりします。

 

ブログを書く手順においても。

僕はまず、iPhoneの音声入力で大まかな概要を打ち込んでおきます。

それを後からパソコンで編集し、校正し、公開します。

続かない人は、最初からパソコンで書こうとします。

 

文章の組み立て方においても。

僕はまず先に、大まかな見出しを考えます。

そしたらあとは、その見出しを埋めていくだけです。

しかし続かない人は、毎回0から全文を構築しようとします。

 

そう、重要なのは、仕組みなんです。

 

何かが継続できないとき、

何かが続けられないとき、

それは決してあなたの根性や意志の問題ではありません。

 

それはただ単純に、あなたが現在もっている「仕組み」が、どこかに非合理を抱えていて、効率が悪いのです。

だから、そのアクションをするために、いちいち意志や根性の力が必要になる。

だから、続かない。

それだけのことなのです。

 

考えるべきは、

「どうやって自分の意思を高めるか」ではなく、

「どうやって意志の力などなくとも継続できるような仕組みを持つか」です。

 

またこのように考えていくと、「行動を継続できない」からといって、自分を責める必要もないことがわかります。

まじめな人は、何かがうまくいかないと、ついつい「自分が悪い」と考えがちですが、そうではありません。

それはあなたが悪いのではなく、あなたの周辺にある仕組みと環境が、整備されていないだけなんです。

だったら、まずはその整備をすればいい。

それだけの話であって、自分を責める必要なんて、どこにもないのです。

 

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250

 
マンガでわかる 散らからない仕組み

マンガでわかる 散らからない仕組み

 

 

どこかの誰かの参考になれば幸いです!!!!!