スポンサードリンク

「自立=頼らないこと」ではない。

こんにちわ!

渋谷のタロット占い屋、中川龍です😊

こないだ、あるクライアントと「自立」についての話になったんですが、、、

 

どうもこの世界には、「自立の定義」を根本的に勘違いしてる人が多いようなので、今日はこれについてまとめてみました😊

 

1:まちがった自立

自立の定義が間違っている人は、以下のように考えています。

 

「誰かに頼ることは恥ずべきことだ!」

「だから私は誰にも頼らない!せいぜい恋人くらいしか頼らない!」

「なんなら、恋人に頼ってしまうことすら、本当はよくないと思う!」

「だから私はいつの日か、恋人にも頼らず生きていけるようになりたい!自立したい!」

「うう、でもなぜか頭で考えた通りに行動できない、、、」

  

正しい自立

自立がスムーズに進む人は、以下のように考えています。

 

「私は人に頼ることが恥ずかしいなんて思わないから、まずはどんどん人に頼るぞー!みんな私を助けてくれー🤤」

「みんなが助けてくれるおかげで、どんどん進むぜー🤤しかも、失敗してもどうせみんなが救ってくれる安心感があるから、失敗を恐れずどんどん行動できるぜー😉いえーい✨」

「たくさん行動したから成長したぜー!おかげで自立できたぜー!みんなありがとー😆😆😆😆」

 

まとめ

  • まちがった自立は、「頼るのはいけないことだから」「自立しなければ」と考えている。
  • 正しい自立では、「たくさん頼ればその先に自立がある」と考えている。

 

いかがでしたでしょうか。

もしあなたが「まちがった自立」で考えていた人なのであれば、これからはどんどん「正しい自立」で考えるといいですよ😊

 

「頼る力」を育てる! “入り口”アドバイザーが実践する味方をつくる知恵

「頼る力」を育てる! “入り口”アドバイザーが実践する味方をつくる知恵

 

 

おしまい!

読んでくれてどうもありがとう🐻✨